この記事は、約5分で読めます

本当に住みやすい街大賞とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2018in関西」結果発表ページはこちら>>

【本当に住みやすい街大賞2018in関西 第8位「香里園」(大阪府寝屋川市)】

総合評価3.75点
<審査基準>  発展性  3.25点
 住環境  4.5点
 交通の利便性  3.25点
 コストパフォーマンス  4点
 教育・文化環境  3.75点

※審査基準の詳細はこちら>>

香里園ってどんな街?

京阪・香里園駅のある大阪府寝屋川市は、古くから大阪のベッドタウンとして栄えてきた街です。広い範囲にわたる住宅エリアは治安が良く、暮らしに必要な施設が充実しており、河川や緑など自然にも恵まれた地域となっています。

大阪や京都に出かけるにも便利な場所で、再開発後は道路の整備や大型商業施設や高層マンションの建設が行われるなど、より住みやすい街としての進化を遂げました。

【街の声】

「昔と比べて、駅の構内やロータリーなどもキレイに改装され、とても快適な駅になりました。会社帰りのちょい飲みが好きなので、飲食店が多いのはうれしいです」(40代・男性)

「香里園駅周辺の商店街で、毎年『100円商店街』というイベントが行われています。食品や衣料品、雑貨など様々な商品がお得に購入できるので、いつも楽しみにしています」(30代・女性)

香里園駅前。
香里駅前通商店街。駅周辺は商店街が賑わいをみせている。
駅から徒歩約10分先には、大型スーパー・アルプラザ香里園も。
駅近くの住宅街にある「香里の森公園」。子どもたちの格好の遊び場になっている。
駅から徒歩5分のところに位置する「炉端バル ハコ」は2017年にオープン。同じく香里園にある「古民家 ビストロバル ハコ」の2号店として誕生した。
1階にはカウンター席が中心。2階に上がれば、ソファ席も。落ち着いた店内の雰囲気で、ゆったりと過ごすことができる。
名物は活ホタテの炉端焼き。目の前で焼き上げる炉端焼きスタイルで、魚介とワインを楽しめるのがうれしい。比較的新しい店舗であるものの、地元民にも愛される人気店。

【発展性:3.25点】再開発事業がいったん終了して新しい街に。今後始まる新事業にも期待

2008年に着工された駅前の再開発事業が、2014年に完成。駅前の道路や歩道の整備、新しいバスロータリーの設置が行われ、より快適な街として生まれ変わりました。高層マンションの建設などにより、移住者も増えましたが、全体的な発展としてはいったん小休止状態。2013年からは新たな都市開発事業として、交通渋滞や事故の解消などを目的とした「連続立体交差事業」がスタートしているため、事業完成後には、さらに住みよく、安全な街になりそうです。

【街の声】

「駅の横にはいわゆる『開かずの踏切』があり、電車の本数が多い時間帯は本当に困ります。新たな事業によってこのストレスが解消されると知り、工事が終わるのが待ち遠しいです」(20代・男性)

【住環境:4.5点】買い物に便利で緑が多いなど、基本的な住みよさのレベルは問題なし

駅周辺にはスーパーマーケットやホームセンター、銀行、医療施設など、日々の買い物や暮らしに便利な施設が充実。休日のファミリースポットもたくさんあり、アルプラザ香里園や、ジョーシン、スーパー、衣料品店などがそろうホームズは、地域住民からも人気の施設です。

住宅エリアとしては、東側の環境が抜群。高級住宅街が広がるエリアもあり、駅の西側と比較すると閑静な街並みで暮らしやすい雰囲気となっています。

【街の声】

「スーパーだけでなく、コンビニ、本屋、カラオケ、フィットネスクラブなどがあるので、買い物も遊びも楽しめます」(20代・女性)

「駅直結で夕方診療もある大学病院があります。地域にこれだけ大きな病院があれば、もしものときも安心です」(50代・男性)

【交通の利便性:3.25点】京阪電車の快速急行が停まる駅とあって利用者も多数。車利用も便利だが、渋滞に注意

京阪本線内の快速特急と特急以外のすべての電車が停車する香里園駅。京橋へは約15分、淀屋橋へは約22分で到着し、京橋からJR環状線に乗り換えれば大阪の中心部への移動もスムーズです。京都市内へも約30分でアクセス可能で、大阪市内・京都への通勤に困りません。

車は京阪国道、第二京阪などが利用でき、カーアクセスも良好。ただ、渋滞することも少なくないので、時間帯によっては注意が必要に。

【街の声】

「バスターミナルが整備されて、京阪バスの利用が便利に。本数もストレスなく来るので、車がなくても問題ありません」(40代・男性)

【コストパフォーマンス:4点】大阪・京都のベッドタウンとしては割安だが、現在は物件数が少ない

JR・阪急沿線の価格相場と比べると、京阪沿線の相場は割安。大阪・京都へのアクセス便利なベッドタウンとしては、比較的手頃な価格設定となっていますが、現在は新築物件数が減少の傾向に。「この街に住みたい」という意思が強いなら、選択肢として中古マンションの購入を視野に入れるのがいいかも。

【教育・文化環境:3.75点】穏やかな教育環境で、進学熱は低め。地域の親子をサポートする支援も充実

香里園周辺エリアは、文教地区としても有名。同志社香里中学・高校や聖母女学院中学・高校などがあり、いずれも関西で人気のある学校です。住宅街の中にあるため、静かな環境で学ぶことができます。

また、地域に点在する子育て支援センターは、0歳の子どもから利用が可能です。年間を通してさまざまなイベントが企画されており、子育て世代にうれしい環境となっています。

【街の声】

「駅から西側に少し歩くと、広々とした淀川河川公園があります。小さな子どもとボール遊びやかけっこをしたりするのにちょうどいい場所です」(20代・男性)

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2018in関西」結果発表ページはこちら>>

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事