この記事は、約2分で読めます

分譲マンション購入・売却検討者22万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(運営:スタイルアクト株式会社 東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、今回で41回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行った。

本調査は、「住まいサーフィン」の登録会員22万人に対し、 直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある方のみを対象とし、マンション購入に対するアンケートを実施したもの。

約70%が現在の価格を「高い」と感じている。東京23区の方がその傾向が強い

今回の調査では、マンション購入検討者が現在の価格に関して「高い」と感じている割合の合計が70%を超えていることが分かった。

1年後は「更に上がる」という回答が40%、下がるは12.6%にとどまる

しかしながら、「一年後のマンション価格」に関して「上がる」との回答が40%と、「下がる」という回答の12.6%を大きく上回り、現在の価格から更なる上昇を予想していることが分かった。

購入意欲が「増した」は約半数に達し、前回同様高い水準を維持している

結果、「購入意欲の変化」については、「購入意欲が増した」という回答が48.6%と約半数を占める高い割合を示しており、購入意欲に衰えは見られない傾向が分かった。

また、日銀の黒田総裁の再任が決まり、金融緩和が継続されることとなり、不動産価格の将来不安は、大きく後退したと考えられる。マンション購入検討者は、更なる価格の上昇予想と低金利により、購入意欲が増加したと考えられる。

【調査概要】
【調査期間と回収サンプル数】2018年4月9日~12日(208件)
【調査地域】全国
【調査方法】自社インターネットサイト「住まいサーフィン

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:住まいサーフィン

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事