この記事は、約5分で読めます

「傷ついてしまった床をきれいにしたい」「和室を洋室にしたい」など、フローリングのリフォームを考えている方は多いことでしょう。しかし、一口にフローリングと言ってもたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか目移りしてしまいそうです。ここではフローリングの種類と、色を選ぶ目安をご紹介します。

床リフォームに最もよく使われる「複合フローリング」。化粧材により質感も価格もさまざま

「複合フローリング」は、複数の板を接着剤で何層も貼り合わせた基材の表面に、仕上げ用の化粧材を張ったフローリングのこと。合板フローリングとも呼び、反りや収縮がなく施工しやすい特徴があります。傷が付きにくく、遮音性能を満たした製品が多いことから、多くの住まいで標準の床材として採用されています。化粧材によって仕上がりが大きく異なり、木目などがプリントされた「化粧シートタイプ」、0.3~1ミリ程度のかつおぶしのように薄い木のシートを張ってコーティングした「突板タイプ」、2~3ミリの薄い無垢材を張った「挽板タイプ」に分けることができます。

「化粧シートタイプ」は標準仕様の床材として採用されることが多く、カラーも模様のバリエーションも豊富。最近はプリント技術が向上しているため、本物の木に近い雰囲気をもつ商品も増えています。「突板タイプ」は表面の木が厚いほど、無垢材のような木目が楽しめる仕上がりに。「挽板タイプ」は複合フローリングと無垢フローリングのメリットを併せ持ち、無垢フローリングに限りなく近い質感や色、木目を楽しめますが、その分だけ価格はアップします。

こだわりの床リフォームなら「無垢フローリング」。自然素材ならではの質感と木目が魅力

「複合フローリング」に対して、1本の木から切り出した継ぎ目のないフローリングが「無垢フローリング」です。天然木ならではのあたたかみや肌触り、美しい木目が一番の魅力。使い込むごとに味わいが増し、もし傷ついても表面を削ってオイルなどで塗装をすれば再生することができます。複合フローリングのように接着剤を使用していないため、化学物質が苦手な方にもお薦めです。ただし、自然素材ゆえ、湿度の変化などによって収縮や割れが生じやすい点は注意が必要です。水に弱く傷も付きやすいため、「ちょっとした汚れや傷が付くだけで気になる」という方にはあまり向いていないでしょう。

また、「複合フローリング」と比べて材料費も、施工の手間もかかること、マンションの管理規約によっては遮音性能の基準を満たせず施工が許可されないケースがあることにも注意が必要です。

【メリット・デメリット比較】

  メリット デメリット
複合フローリング 収縮せず品質が安定している 肌触りは楽しめない商品が多い
種類豊富で用途に応じて選べる 一度傷が付くと修復が難しい
比較的低コストで施工しやすい 化学物質に反応してしまう人も
無垢フローリング 自然素材ならではの色や素材感 反りや収縮が起こりやすい
経年変化が味わいになる 水や傷に弱い
自分で気軽に補修ができる コストも施工の手間もかかる

リフォーム前に知っておきたい! フローリングの色選びにコツはあるの?

一般的な複合フローリングを張るか、無垢フローリングを張るか決めたら、次は色を考えてみましょう。大きな面積を占める床の色によって、部屋全体のイメージが変わってきます。

ダークブラウンなど濃い色は、落ち着いた空間を演出

黒や濃いグレー、ダークブラウンといった濃い色の床にすれば、落ち着いた大人の空間を演出できます。無垢フローリングで言えば、ブラックウォールナットが代表格。ローズウッドやチーク、ブラックチェリーといった樹種も該当するでしょう。寝室などゆったりと過ごしたい場所にぴったりで、和モダンやアジアンテイストのインテリアともよくマッチします。

ただし、濃い色はほこりが目立ちやすい一面も。こまめに掃除をしないと気になってしまうかもしれません。また、全体的に暗い印象になりがちなので、照明などの工夫が必要です。間接照明を入れて、ムーディな空間に仕上げても良いでしょう。

ナチュラルな中間色なら、どんな家具とも合わせやすい

最も多く選ばれている色が、ナチュラルテイストの中間色。どんなインテリアともマッチしやすい万能タイプのため「まだどんな家具を買うか決めていない」「気分によってファブリックを変えたい」と考えている方にお薦めです。無垢フローリングで言えば、ナラ(ホワイトオーク)、タモといった樹種がよく採用されています。

汚れも目立ちにくく、いいこと尽くしに思えますが、シンプルゆえ素材感が出やすく、極端に安価なフローリングを選ぶと悪目立ちしてしまうことも。また、壁や天井は白、家具も同系色を選んだ場合、全体的にぼんやりとした印象になりがちです。壁や建具、家具などどこかで差し色を効かせて、メリハリの利いた空間にすると良いでしょう。

白などライト色は、空間を広く明るく感じさせる

白系のライトな色のフローリングを敷設すれば、家の中が明るく、広く見えます。光沢のあるフローリングなら、光を反射してより明るさを感じることができるでしょう。「思い描いていた広さを確保できなかった」という場合でも、色の工夫次第で狭さを感じさせない空間を演出することができるのです。無垢フローリングで言えば、ホワイトアッシュやハードメープル、やわらかなパインといった樹種でしょうか。リビングダイニングはもちろん、子ども部屋にも向いていて、特に北欧テイストのインテリアと相性抜群です。

髪の毛など色の濃いものが目立ちやすいため、掃除には少し気を遣うかもしれません。

まとめ

今回は、フローリングの種類と色に着目しましたが、その他にも幅や長さ、表面の仕上げ方法など、さまざまなチェックポイントがあります。

また、「マンションの遮音等級に合わせなければならない」「床暖房を入れたい」「ペットに配慮してメンテナンス性を重視したい」といった事情がある方も多いでしょう。憧れだけでなく、家族のライフスタイルなどを踏まえながら、より自分たちに合った床材を探してみてはいかがでしょうか?

(※掲載の写真はイメージです)

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事