この記事は、約4分で読めます

国内外のパッケージツアーでお馴染みの株式会社ジャルパックが、お子様の卒業を祝う新たなカタチとして注目される家族イベント「卒業記念家族旅行」について調査を実施。近年、同社では3月の家族旅行が年々増加傾向にあり、「卒業記念」と推察されることから、親世代と子世代にアンケートをとり、実態を探りました。

「卒業記念家族旅行」として、国内外を実際に旅行した家族は全体の2割以上!

まずは、卒業記念として家族で行ったことを尋ねたところ、「海外旅行」が6%、「宿泊を伴う国内旅行」が16%で、全体の2割以上が家族旅行をしている結果に。学年別では、中学校卒業時と大学卒業時に、旅行を計画する家族が多いことが分かりました。「何もしない」の42%、「外食」の39%と比べればまだ多数派とは言えないものの、「卒業記念家族旅行」の需要が感じられます。

人気の国内旅行先はテーマパークがある東京・千葉や大阪、海外ならハワイが人気

それでは、卒業記念の家族旅行に行った家族はどんな旅行をしているのでしょうか?行き先を調査すると、国内旅行は東西2大テーマパークがある「東京・千葉」や「大阪」が多く、次いで「北海道」「沖縄」が挙がりました。お子様の希望を優先した結果、テーマパークがあるエリアに人気が集中したことが伺えます。

海外旅行は「ハワイ」が圧倒的な人気を誇り、「グアム」「台湾」と人気観光地が続きました。韓国やシンガポールといった足を運びやすいアジアの国々もランクインしています。

子どもの6割以上が「自分で旅行計画を立てたい」と思いつつ計画に関われていない!?

ここからは親と子、それぞれの本音を調査。まずは卒業記念で家族旅行へ行ったお子様に、「旅行計画への参画状況」について聞いたところ、「ほとんど親が計画した」が34%、「自分も少し計画に参加」が35%と、全体の約7割が旅行計画にあまり関われていない現実が発覚。それに対してお子様の約63%が「自分でもっと計画を立てたい」と考えていることも分かりました。親が思う以上に旅行への参画意欲が高く、年代が低いほどその傾向が顕著であるという結果も出ています。

親の4割以上が、「卒業記念家族旅行」は家族が揃う貴重なチャンスであると実感

続いて、卒業記念家族旅行を実行した親に「行ってよかった」と実感することを聞いたところ、44%が「家族全員での旅行は今後少なくなるのでいい機会だった」と回答。お子様が成長するほど、家族全員がスケジュールを合わせることが難しくなり、旅行を機に家族が揃う時間は貴重なチャンスに。「共通の話題が増えた」「普段できないような会話ができた」といった声も多く、旅行という非日常に身をおくことで自然と話が弾んだ様子もうかがえました。

ちなみに、「卒業記念家族旅行」へ行かなかった親にその理由を聞くと、そもそも「旅行を思いつかなかった」という人が21%と最も多い結果に。また、「行きたかったが子の予定が合わなかった」が20%、「行きたかったが費用の捻出が難しかった」が13%と、旅行したい気持ちはあるものの時間や経済的な事情で断念している人が多いことも分かりました。

勤務先への休暇取得や、お子様の予定を調整するのは大変ですが、パッケージツアーは東京発関西2日間21,600円~あります。家族が一緒に過ごす時間をつくるきっかけとして、卒業記念の家族旅行を検討してみるのも手です。

ジャルパックが、卒業記念をコンセプトとした「春スペシャル」を発売

株式会社ジャルパックはこれらの調査結果を受け、家族の絆をつなぐこの旅行を、より多くのご家族に経験していただきたいという思いから、卒業記念をコンセプトとした専用コースや特典を用意した「春スペシャル」を発売。期間限定の割引キャンペーンも実施しています。

「子どもの卒業を家族でお祝いしたい」「親離れが進む子どもとじっくりと話すきっかけが欲しい」と感じているご家族は、卒業記念家族旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

ARUHIの住宅ローンご利用者向け優待のご紹介>
ARUHI暮らしのサービス:株式会社ジャルパック
優待特典内容
国内ツアー・海外ツアーが優待価格でご利用いただけます。同行者も優待価格となります。
詳しくはこちら>>>
※「ARUHI暮らしのサービス」はARUHI住宅ローンを借り入れされている方は、年会費無料でご利用いただけます。

【調査期間】2017年9月14日~9月21日
【調査方法】インターネット調査
【調査地域】全国
【調査対象】[親]一昨年度~昨年度卒業または今年度卒業予定のお子さまがいる40~50代の男女8,867名/[子]昨年度卒業・今年度卒業予定の12~22歳の男女1,858名

ニュース参照元:PRTIMES 

ニュース情報元:卒業記念家族旅行

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事