この記事は、約4分で読めます

日本初のモーゲージバンクとして、2000年に前身となる会社が創業。2014年5月20日に設立したアルヒ株式会社。国内最大手の住宅ローン専門金融機関として、【フラット35】をはじめ様々なサービスを提供してきました。そして2017年12月14日、アルヒ株式会社は設立から約2年半で、東京証券取引所市場第一部に上場致しました。

(参考:アルヒ株式会社「東京証券取引所市場第一部上場のお知らせ」プレスリリースはこちら>>

新たな一歩を踏み出したアルヒ株式会社の、上場当日の様子をお届けします。

東京証券取引所に到着

日本橋兜町にある東京証券取引所
日本橋兜町にある東京証券取引所。
この日は当社を含めて2社が上場。モニターには1日の予定とともに、上場を祝うメッセージが映し出されていた
この日は当社を含めて2社が上場。モニターには1日の予定とともに、上場を祝うメッセージが映し出されていた。

当日は、朝10時頃に東京証券取引所へ到着。入館手続きを済ませて中に入ると、「祝上場」のモニターが出迎えてくれました。

まずは「ストックボイス」インタビューへ

当社の代表取締役会長兼社長 CEO兼COOの浜田宏が、個人投資家向けのニュースメディア「ストックボイス」に出演。東証アローズ ストックボイススタジオで、新規上場企業のトップとしてインタビューを受けました。

キャスターの岩本秀雄さんによるナビゲートで、当社の事業内容などを説明した
キャスターの岩本秀雄さんによるナビゲートで、当社の事業内容などを説明した。

「ストックボイス」の動画はこちら:アルヒ[7198]東証1部 IPO 新規上場企業トップインタビュー:東京マーケットワイド

セレモニーゲストである役員が集合。東証の方と名刺交換の時間も

浜田社長がインタビューを受けている間、他の役員は15階の控室で待機していました。

アルヒのコーポレートカラーであるイエローのネクタイをした役員もちらほら
アルヒ株式会社のコーポレートカラーであるイエローのネクタイをした役員もちらほら。
ストックボイスを終えた浜田社長も合流
ストックボイスを終えた浜田社長も合流。
ソファでくつろぎながら談笑するひととき
ソファでくつろぎながら談笑するひととき。

ここから、同じ15階の特別応接室に移動。当社役員と東証の方と名刺交換・ご挨拶へ。

胸に白いバラを付けているのは上場に携わっていただいた東証役員の方々。今回当社上場に協力いただいた証券会社の方も含めて、談笑。
胸に白いバラを付けているのは上場に携わっていただいた東証役員の方々。今回上場に協力いただいた証券会社の方も含めて、ご挨拶。

いよいよ記念セレモニー

ここからはいよいよ、中2階にあるオープンプラットフォームで記念セレモニーがスタート! 

この円形の電光掲示板をテレビなどで観たことがある方は多いのではないでしょうか? 「チッカー」と呼ばれ、普段は株価が表示されます。

式典中に何度か表示された「祝市場第一部上場」の文字を見ると、心が引き締まる
式典中に何度か表示された「祝市場第一部上場」の文字を見ると、心が引き締まる。

セレモニーが始まる前には、当社の社員や当社が傘下に入る米大手投資ファンド、カーライルの役員などが集まり、記念撮影を行いました。

社外取締役、カーライルの方々。
社外取締役、カーライルの方々。
上場に関わった当社部長人と広報担当。
上場に関わった当社部長と広報担当。
執行役員がエスカレーターで下りてくるのを待つ
執行役員がエスカレーターで下りてくるのを待つ。
前後を東証の方にアテンドしてもらいながら、執行役員がオープンプラットフォームに降り立つ
前後を東証の方にアテンドしてもらいながら、執行役員がオープンプラットフォームに降り立つ。

まずは、上場通知書の贈呈式が行われました。

たくさんの執行役員に見守られながら、浜田社長に上場通知書が贈呈された
たくさんの執行役員に見守られながら、浜田社長に上場通知書が贈呈された。
盾と、この後の打鐘で使用する小槌を手に、執行役員と記念撮影
盾と、この後の打鐘で使用する小槌を手に、執行役員と記念撮影。
この日のため、コーポレートコミュニケーション部が作成した“ARUHI”のパネルも登場
この日のため、コーポレートコミュニケーション部が作成した“ARUHI”のパネルも登場。
チッカー(電光掲示板)の前でも記念撮影
チッカー(電光掲示板)の前でも記念撮影。
再び2階へ。最後の大仕事である打鐘式が待っている
再び2階へ。最後の大仕事である打鐘式が待っている。

上場セレモニーのクライマックス! 打鐘式

記念撮影が終われば、いよいよ打鐘の時間です。企業の繁栄を願い、浜田社長をはじめとする当社役員が交代しながら5回、小槌で鐘を鳴らしました。(この回数は、五穀豊穣の祈願を意味しているそうです)

まずは代表の浜田社長が打鐘
まずは代表の浜田社長が打鐘。
山田社外取締役、細野CSO、吉田CFO
左から、山田社外取締役、吉田CFO、細野CSO。
土門執行役員、宮脇執行役員、若松執行役員
左から、若松執行役員、土門執行役員、宮脇執行役員。
五十川副社長、谷常勤監査役、市川執行役員
左から、谷常勤監査役、五十川副社長、市川執行役員。
荻野執行役員、岡田執行役員、井上執行役員
左から、荻野執行役員、岡田執行役員、井上執行役員。
最期は全員で記念撮影。打鐘後は全役員とも、満面の笑みを湛えていた
最後は全員で記念撮影。打鐘後は全役員とも、満面に笑みを湛えていた。

続々と届いたお祝いの花で、アルヒ株式会社の本社も祝賀ムード一色!

本社に戻ると、受付から廊下にかけて、お祝いの花で埋め尽くされていました!

かわいい‎Pepperと一緒の胡蝶蘭
かわいい‎Pepperと一緒の胡蝶蘭。
スワロフスキーで彩られた胡蝶蘭
スワロフスキーで彩られた胡蝶蘭も!
見慣れているはずの受付が、取引先の各社様からと届いた花々に彩られてお祝いムードでいっぱいに。
見慣れているはずの受付が、取引先の各社様からと届いた花々に彩られてお祝いムードでいっぱいに。

写真では全てをご紹介しきれませんが、本当にたくさんの花に囲まれて、社内は甘い香りで包まれていました。多くの方々に支えられてここまでくることができたと実感した瞬間です。

そして14時には、東証から戻った浜田社長がくす玉を割り、社員一同で改めて、上場の喜びを分かち合いました。

記者会見やテレビ番組の取材も受けた、大忙しの1日

その後、東京証券取引所ビルの地下1階にある記者クラブ、東証兜倶楽部にて、浜田社長と細野CSO、吉田CFOが、新聞社向けの記者会見に出席しました。

また、当社の直営店である東京ローンセンターでは、「WBS(ワールドビジネスサテライト):テレビ東京」の取材も受けるなど、当社にとっては分刻みのスケジュールが続く一日となりました。

東証兜倶楽部で行われた記者会見の様子
東証兜倶楽部で行われた記者会見の様子。
東京ローンセンターで撮影されたインタビューは、上場当日の番組内で放送された
東京ローンセンターで撮影されたインタビューは、上場当日の番組内で放送された。

「テレビ東京 ワールドビジネスサテライト」の動画はこちら:<ニュース>住宅ローン仲介大手が上場 低金利でも増益の秘密は? 12月14日(木)

今回、無事に東京証券取引所市場第一部に上場することができたのは、日頃から当社をご利用いただいているお客様をはじめ、関係各社のたくさんの方々のお力添えがあってこそです。

改めてお礼を申し上げるとともに、今後も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。

関連記事

住宅ローン情報

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事