この記事は、約4分で読めます

本当に住みやすい街ランキングとは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2017」結果発表ページはこちら>>

【本当に住みやすい街ランキング第9位「小岩」】

総合評価3.76点
<審査基準>  発展性  4.3点
 住環境  3.3点
 交通の利便性  3.6点
 コストパフォーマンス  4.3点
 教育・文化環境  3.3点

※審査基準の詳細はこちら>>

小岩ってどんな街?

千葉県との県境に位置し、東京都最東端の街である「小岩」。最東端でありながら、秋葉原駅までは電車で約16分、東京駅へも約15分と比較的都心から近い距離にあります。また、JR小岩駅から徒歩15分ほどの距離にある京成小岩駅を利用することも。

駅からのバス路線も充実していて「東京ディズニーランド」や「葛西臨海公園」などがある湾岸リゾート方面へも、シャトルバスが運行しています。

駅周辺のようす。
江戸川河川敷に広がる小岩菖蒲園では、5月から6月のシーズンに5万本の花菖蒲が咲き誇ります。
夏には江戸川区花火大会を楽しむこともできます。
昭和40年創業の大衆居酒屋「江戸政」は、昭和な雰囲気が漂う小岩の名店。安くておいしいつまみが揃っています。

【街の声】

「小岩はいかにも昭和テイスト溢れるディープタウンといったところです。東京駅や新宿にも比較的近く、千葉方面へのアクセスも簡単。意外と便利で、住み慣れるとなかなか他に引っ越したいとは思わなくなりますね」(40代・男性)

「生まれも育ちも小岩なのですが、個人的には気取らずに過ごせるところが気に入っています。おしゃれな街、とは言いがたいかもしれませんが、アットホームな雰囲気が流れています」(20代・女性)

【住環境:3.3点】自然環境○ 商店街が充実し、下町情緒が感じられる街

駅周辺には商店街と民家が立ち並んでいます。「フラワーロード」「サンロード」といった商店街があるほか、地域に根差したイトーヨーカドーもあるので、買い物には不便がない場所といえるでしょう。

アパートやマンションは小・中規模なものが多く、一戸建てが多いエリア。東京の下町情緒が感じられる街です。

江戸川や新中川の河川敷周辺の自然環境は抜群に良く、江戸川から楽しむ花火大会は見もの。

今後は土地区画整理事業によって、さらに整備されて住環境のさらなる改善が期待できます。

【街の声】

「あまり住みやすいイメージがないかもしれませんが、江戸川に近くて自然が豊かなので意外とのびのび過ごせます」(30代・女性)

「小岩には昔ながらの銭湯が数多く残っています。住んでいるとつい行ってしまいますね。下町ながらの良さが残っているので、住んでみるとハマる人も少なくなさそう」(30代・男性)

【交通の利便性:3.6点】都心までのアクセス○ 京成線やバスも使い勝手良し

小岩駅で利用できるのは、中央・総武線各駅停車のみ。しかし、秋葉原駅までは電車で約16分、東京駅へも約15分でアクセスすることができます。京成電鉄の京成小岩駅までは徒歩20分ほどと決して近くはありませんが、こちらも利用できる距離にあるでしょう。

また、バス路線も充実しており、東京ディズニーランドや羽田空港・成田空港にも直通で行くことができます。小岩に限らず、江戸川区は南北エリアに出るための電車がないため、移動が不便なのが弱点といえるでしょう。

【街の声】

「東京駅で働く人にとっては、穴場なエリアだと思います」(30代・女性)

「意外と使えるのがバス利用。海外旅行のときは荷物も多いので、電車より空港までの直通バスの方が移動もラクです」(40代・女性)

【教育・文化環境:3.3点】学校も多く、学生でにぎわう街。意外と子育てにも最適

小岩駅北口側には愛国中学校・高等学校・愛国学園短期大学、南口には江戸川女子中学校・高等学校があります。そのため、登下校の時間帯になると、駅周辺は多くの学生でにぎわっています。

また、公立でありながら、小岩第一中学校も進学校として知られる伝統校。越境入学希望者も多い人気校であるため、子どもの教育環境も悪くない場所といえます。

【街の声】

「周辺は坂道もなく、ベビーカーも押しやすいため、子育て向きなのかもしれません」(30代・女性)

【発展性:4.3点】下町から一転、大規模な再開発!? 今後の変化に注目

下町情緒溢れるエリアではありますが、現在、小岩では大規模な再開発が進行しています。南口では、2015年に29階建ての商業複合型免震タワーレジデンス「アルファグランデ小岩スカイファースト」が誕生。そのほか、駅前広場の整備なども進められています。北口でも、駅前広場が誕生予定であるほか、道路も拡幅される予定。

まさに現在、小岩駅周辺は再開発によって便利で快適な街に変わろうとしている段階。今後の変化に注目が集まります。

【コストパフォーマンス:4.3点】一戸建ての物件は継続的にアリ。総合するとコスパ○

小岩の新築マンションの平均坪単価は220万円弱。平均価格は5,000万円を切っています。新築マンションの供給は近年減っていますが、3LDKの物件が4,000万円台前半で購入することができます。対して、一戸建ての供給は継続的にある傾向。駅チカの場合でも、数は少なくなりますが、徒歩圏でも4,000万円台で検討することが可能です。

利便性や今後の発展性を考えると、コスパも悪くないといったところでしょう。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2017」結果発表ページはこちら>>

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事