「住宅ローンのボーナス払いはどれくらいにしたらよいか」という相談を受けることがよくありますが、私はボーナス払いを決しておすすめしません。ボーナスは景気動向や企業業績の影響を受けやすく、必ずしも期待通りに支給されるものではない上に、ボーナス払いをすることで金利負担が増えてしまうからです。なぜ金利負担が増えるのか、ボーナス払いの考え方とそのメリット・デメリットを検証します。

住宅ローンのボーナス払いとは?

マイホームを購入するために住宅ローンを借りた場合、その返済期間に応じて毎月同じ金額を返済していくことになります。これが住宅ローンの基本的な返済方法です。

それに対してボーナス併用払い、いわゆる“ボーナス払い”という返済方法があります。ご存知の通り、公務員やサラリーマンの人は、毎月の給与の他に賞与、つまりボーナスが支給される場合があります。サラリーマンの中には、年棒制でボーナスはないという人もいますが、夏と冬の年2回、ボーナスが支給されるという人もまだ多くいらっしゃることでしょう。

ボーナス払いとは、ボーナスが支給される月だけ返済額を増やし、そのかわりに、毎月の返済額を少なくする返済の方法をいいます。つまり、住宅ローン返済の原資を“毎月の給料だけで考えるか”、“ボーナスまで含めて考えるか”の違いといえるでしょう。

住宅ローンの相談で、よくある質問のひとつに「ボーナス払いはどれくらいにしたらいいのでしょうか」というものがありますが、実は、私はボーナス払いそのものに消極的です。正直なところを申し上げると、相談にいらしたお客さまに、私は絶対にボーナス払いはおすすめしません。それくらいボーナス払いは不要なものと考えているのです。

では、なぜボーナス払いはしないほうがいいと私が考えているのか、その理由をお伝えしましょう。

ボーナス払いのメリットは?

まずは、フラットな視点から、ボーナス払いのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まず、ボーナス払いのメリットですが、強いて言えば「毎月の返済額を減らせること」です。しかし、当然ではありますが、減らした分はボーナス月に返済するのですから、必ずしもメリットとは言い切れません。詳しくは後述しますが、ボーナス払いをすることでむしろ総返済額は増えてしまうのです。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事