この記事は、約6分で読めます

「住宅ローンのボーナス払いはどれくらいにしたらよいか」という相談を受けることがよくありますが、私はボーナス払いを決しておすすめしません。ボーナスは景気動向や企業業績の影響を受けやすく、必ずしも期待通りに支給されるものではない上に、ボーナス払いをすることで金利負担が増えてしまうからです。なぜ金利負担が増えるのか、ボーナス払いの考え方とそのメリット・デメリットを検証します。

住宅ローンのボーナス払いとは?

マイホームを購入するために住宅ローンを借りた場合、その返済期間に応じて毎月同じ金額を返済していくことになります。これが住宅ローンの基本的な返済方法です。

それに対してボーナス併用払い、いわゆる“ボーナス払い”という返済方法があります。ご存知の通り、公務員やサラリーマンの人は、毎月の給与の他に賞与、つまりボーナスが支給される場合があります。サラリーマンの中には、年棒制でボーナスはないという人もいますが、夏と冬の年2回、ボーナスが支給されるという人もまだ多くいらっしゃることでしょう。

ボーナス払いとは、ボーナスが支給される月だけ返済額を増やし、そのかわりに、毎月の返済額を少なくする返済の方法をいいます。つまり、住宅ローン返済の原資を“毎月の給料だけで考えるか”、“ボーナスまで含めて考えるか”の違いといえるでしょう。

住宅ローンの相談で、よくある質問のひとつに「ボーナス払いはどれくらいにしたらいいのでしょうか」というものがありますが、実は、私はボーナス払いそのものに消極的です。正直なところを申し上げると、相談にいらしたお客さまに、私は絶対にボーナス払いはおすすめしません。それくらいボーナス払いは不要なものと考えているのです。

では、なぜボーナス払いはしないほうがいいと私が考えているのか、その理由をお伝えしましょう。

ボーナス払いのメリットは?

まずは、フラットな視点から、ボーナス払いのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まず、ボーナス払いのメリットですが、強いて言えば「毎月の返済額を減らせること」です。しかし、当然ではありますが、減らした分はボーナス月に返済するのですから、必ずしもメリットとは言い切れません。詳しくは後述しますが、ボーナス払いをすることでむしろ総返済額は増えてしまうのです。

ボーナス払いはデメリットのほうが大きい

次に、ボーナス払いのデメリットです。デメリットとしては、まず先ほど申し上げたように「総返済額が増えてしまうこと」があげられます。

また、それ以上に無視できないのは、「返済が滞ってしまうリスクが高まること」でしょう。

そもそもボーナスの支給額は一定ではありません。また毎年2回支給されるとは限りませんし、業績が悪い年には支給されないこともあり得ます。現在は、公務員だから安心ということもなく、実際にボーナスが大幅にカットされてしまい、私のところに相談にみえた公務員の人もいました。

住宅ローンは返済の期間が、20年30年またはそれ以上と長期にわたるものですから、その期間中に、景気動向や企業業績の悪化によって、ボーナスが支給されないということがあってもおかしくありません。そうなったときに、どうやってボーナス払い分の返済をするのかは大きな問題となります。

住宅ローンは家計の固定費(定期的に出て行くお金)の中で最も高額なものです。その返済計画が狂うと家計収支に大きな痛手を負って、最悪の場合はせっかく購入したマイホームを手放すことにもなりかねません。

もちろん、ボーナス払いを利用していなくても、返済リスクはあります。ですが、ボーナスは景気や企業業績の影響を受けやすいものです。それを返済の原資にすることで、「返済が続けられなくなるリスクが高まる」ということが、ボーナス払いの大きなデメリットといえるでしょう。

ボーナス払いをした場合としない場合の返済額の違いは?

住宅ローンでのボーナス払いについてもう少し詳しく見ていきましょう。ボーナス払いには次の2つの方法があります。

[1]ボーナス月の返済時に毎月返済額を増やす方法
[2]借入額のうち、あらかじめボーナス払いで返済する額を決めておく方法

この2通りのボーナス払いをした場合と、ボーナス払いはしない場合とのシミュレーションをしてみしょう。

<前提条件>

融資額:3,000万円
金利タイプ:全期固定金利
返済期間:35年間(ボーナス返済回数は70回)
返済方法:元利均等返済
金利:年1.0%

   ボーナス払いなし  ボーナス払いあり[1]  ボーナス払いあり[2]
 毎月返済額  8万4,685円  5万9,731円  5万6,457円
 ボーナス月の返済額  0円  14万9,984円  16万9,665円
 年間返済額  101万6,220円  101万6,740円  101万6,814円
 利息総額  556万7,804円  558万5,986円  558万8,319円
 支払い総額  3,556万7,804円  3,558万5,986円  3,558万8,319円

ボーナス払い[1]は、ボーナス月の返済時に毎月返済額を増やす返済方法です。この場合、ボーナス月は約15万円の返済、その他の月は毎月約6万円の返済となります。

ボーナス払い[2]は、借入額のうち、あらかじめボーナス払いする金額を決めておく返済方法です。ここでは、融資額3,000万円のうち、1,000万円を年2回のボーナス払いで返済し、残りの2,000万円は月払いでの返済として、ともに金利1.0%でシミュレーションしました。その結果、ボーナス月は約17万円の返済、その他の月は毎月約5万6,000円の返済となっています。

なお、ボーナス払いの契約をしても、ボーナス払いはしない場合と比較して、融資額が増えたり、返済期間が短縮できたりすることはありません。

なぜボーナス払いをしたほうが利息は増えてしまうのか?

表からもご理解いただけると思いますが、確かにボーナス月以外の返済額は、ボーナス返済をしない場合より、ボーナス返済をした場合のほうが、毎月2万円以上少なくて済みます。

しかし、[1][2]の場合とも、ボーナス払いをしない場合より、若干ではありますが総返済額が大きくなっています。ボーナス払いを利用したほうが、金利の負担が増えてしまうからです。

たとえば、毎月5万円ずつ12カ月間返済した場合と、年2回のボーナス月に30万円ずつ返済した場合では、どちらも返済額は60万円です。 ただ、利息額の計算式がポイントになります。利息額は毎月、元本の残債額に利率をかけて計算します。毎月払いの場合は、コンスタントに元本が減っていきますので、利息額も毎月減っていきます。それに比べてボーナス払いの場合は、年2回の支払いで返済回数が少ないため、返済がない6カ月の間に利息が余計に発生してしまいます。

もちろん、実際にはボーナス併用払いであっても、毎月返済は行っていきますが、ボーナス月以外の毎月返済額は、ボーナス返済なしの場合よりも少額になるため、トータルではボーナス返済なしの場合よりも利息額が多くなってしまうのです。

もしもボーナス払いが続けられなくなったらどうする?

これから住宅ローンを借りる人に、私がボーナス払いをおすすめしないことはすでにお話しした通りですが、すでに住宅ローンを借りていて借り換えや返済計画の見直しなどの相談にいらした人の中には、ボーナス払いをしている人がいます。

そうした人の中には、金融機関などに勧められるままに、住宅ローンをボーナス払いで返済し始めたけど、これから子どもの教育費や老後の生活資金の準備で家計の負担が増加していくことや、勤務している会社の業績が不透明なことなどから、本当にボーナスに頼って返済していけるのか心配になってきたという人が少なくありません。

実際にボーナス払いを続けていくことが難しくなった場合には、できるだけ早く金融機関に相談して、返済計画を見直す必要がありますが、そうなってしまう前に手を打つことが大切ではないでしょうか。

実際に、ボーナス払いに不安を感じている人はもちろん、今のところ不安を感じていない人であっても、借り換えの相談に来た人にはボーナス払いなしでの借り換えプランをおすすめしますし、返済計画の見直しであれば金融機関と相談してボーナス払いなしの返済プランに変更することをおすすめします。

もちろん、金融機関に相談しても、すぐには返済プランを変更してもらえない場合もありますが、そういった場合には、ボーナス払い分を毎月の給与の中から貯蓄して返済することで自己防衛をしてもらっています。

ただ、この場合でも、ボーナスが支給されたらボーナス払い分の返済額が手元に残るかというと、そこまで毎月の家計を切り詰めるのは難しいのが実情です。ほとんどの場合は、毎月の家計からボーナス払い分として積み立てている金額の補填に回されてしまいます。

そう考えると、住宅ローンの融資額は、ボーナスに頼らず、毎月の家計の範囲で無理なく返済できる額に止めておき、返済が無理な融資は受けないことが大原則です。景気の変動や会社の業績によって、支給額が大きく左右されてしまうボーナスを、住宅ローン返済の原資と考えることは決しておすすめできません。

【ARUHI】全国140以上の店舗で住宅ローン無料相談受付中>>

▼最新金利でカンタン試算!資金計画を立てよう

関連記事

住宅ローン情報

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
牧野寿和 ファイナンシャル・プランナー

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、日本FP協会CFP(R)認定者
「人生の添乗員(R)」を名乗り、住宅取得計画やローンプラン、相続などの相談業務の他、不動産投資、賃貸経営のアドバイスも行っている。著書に「銀行も不動産屋も絶対教えてくれない! 頭金ゼロでムリなく家を買う方法」(河出書房新社)がある。

おすすめ記事