この記事は、約5分で読めます

住宅ローンの借り入れというと「銀行」を思い浮かべる人が多いと思いますが、「ノンバンク」という選択肢も無視できません。中には、銀行や信用金庫以外の借入先について「怖いところではないか」と誤解している人もいるかもしれません。ですが、ノンバンクは銀行や信用金庫ではありませんが、法律に則って経営されているきちんとした会社です。ノンバンクの仕組みやメリットについてお伝えしていきます。

銀行とノンバンクの違いは?

金融機関には、預金の預け入れ機能のある「銀行系(信用金庫・信用組合含む)」と、融資(貸し出し)のみを行う「ノンバンク系」があります。銀行ならば「銀行法」、信用金庫ならば「信用金庫法」、ノンバンクならば「貸金業法」と、それぞれ根拠となる法律が異なります。

銀行に比べると、ノンバンクは知名度で劣るため、安全性を疑問視されてしまうこともあるようです。ですが、ノンバンクだからといって安全性に問題があるわけではありませんし、銀行とのサービス内容や特色の違いはありますが、借り入れに関しては特別に何かが違うというわけではありません。ノンバンクだからといって、融資額が減らされてしまうこともありません。

前述したように、融資のみで預金業務を行っていないのがノンバンクですが、ノンバンクにもさまざまな種類があります。具体的には、比較的身近なクレジットカード会社や消費者金融会社のほか、事業者向けの貸し付け(事業融資)を行うリース会社や事業金融会社などがあります。また、住宅ローンをメインで取り扱っているノンバンクは「モーゲージバンク」と呼ばれます。

<銀行とノンバンク(モーゲージバンク)との違い>

   銀行  ノンバンク
 根拠法  銀行法  貸金業法
 業務範囲  預金・融資ともに可能  融資のみ
 融資原資  預金など  外部調達(【フラット35】の場合は資金調達そのものが不要)

ノンバンクの取り扱う住宅ローン商品

住宅ローンを取り扱うモーゲージバンクには、ハウスメーカー・不動産会社系のノンバンクのほか、住宅ローン専門金融機関、保険会社などがあります。それらのうち、独自の住宅ローン商品を提案している会社もありますが、多くは住宅金融支援機構(以下、機構)の【フラット35】を中心に取り扱っています。

【フラット35】がモーゲージバンクの多くを占めるのには理由があります。モーゲージバンクは融資の原資となる預金を保有していません。独自ローンの場合、資金調達力が銀行よりも劣るため、金利面で不利な戦いを強いられることになります。ですが、【フラット35】の場合、住宅ローンは債券化され、機構に買い取ってもらえます。そのため、強力な資金調達能力がなくとも金利面で戦いやすいのです。

ノンバンクで住宅ローンを借りるメリットは?

ノンバンクであるモーゲージバンクで住宅ローンを借りるメリットとしては、主に審査のスピード感と金利が上げられます。

モーゲージバンクは審査期間が短いのが特徴です。たとえば、モーゲージバンク最大手のアルヒ株式会社の場合、本審査でも最短3営業日となっています。

審査期間が短いとどんなメリットがあるのでしょうか。

金利は申込時ではなく融資時のものが適用されます。そのため、審査に時間がかかると、適用金利が想定していた金利と異なってしまう、ということがありますが、審査のスピードが速ければそのリスクを軽減できます。

また、人気の物件は早く押さえないと売れてしまうこともあります。ですが、事前審査のスピードが速ければ、それだけ早くに契約を結ぶことができます。

それに、金利が横ばいで変動のリスクが少ない時期であっても、物件を争うライバルがいなかったとしても、審査結果に時間がかかると不安になるものです。待たされる時間は短いほうがよいですよね。

また、銀行の場合その銀行の口座がない場合は、新たに口座開設しなければならないことが多いですが、モーゲージバンクであればそのような手間も不要です。

ノンバンクは審査が通りやすい?

融資することが業務であるモーゲージバンクは、当然のことですが、融資を行わなければ経営が成り立ちません。そのため、中には、自営業者や非正規雇用の人を対象とした住宅ローン商品を扱っているところもあり、自営業者や非正規雇用の人でも比較的、住宅ローンを借りやすいとされています。

一方、銀行の場合は、「正社員である」という属性は比較的重要視されているようです。そのため、収入や返済比率の面で問題がないのにも関わらず、正社員でないというだけで審査が厳しくなるケースもあるようです。その点、モーゲージバンクのほうが柔軟な対応が期待できると言われています。

ただしこれは、「審査が甘い」というわけではありません。たとえば自己破産や延滞をしているなど、与信情報に傷がある場合は、銀行同様に審査を通るのは難しいです。

参考:住宅ローンの審査に通りやすい金融機関はある? 審査を通すためのポイントは?

金利の低さも魅力

モーゲージバンクは、一般的に銀行よりも金利が低い傾向にあります。銀行と違い、業務が住宅ローンに特化している分、人件費やサービス費のコストが抑えられるためとされます。また、【フラット35】であれば、保証料や繰上手数料(一定の金額以上の場合)も無料です。

【ノンバンクのメリット】

 申込時  通常、口座開設手間がない
 審査時  審査スピードが速い自営業や非正規雇用の方でも対象の商品あり
 金利  低金利
 保証料  【フラット35】の場合は無料
 一部繰上手数料  【フラット35】の場合は無料

※審査スピードや金利メリットは、あくまで“そうした傾向にある”と理解してください

ノンバンクの住宅ローンがおすすめな人は?

審査面からいうと、自営業者の人や非正規雇用の人がノンバンクに向いているといえます。前述したように、自営業者や非正規雇用の人を対象とした商品を扱っている場合があるからです。

また、注文建築を建てる場合、住宅ローンの融資が実行されるまでの、つなぎ融資が必要になる場合がありますが、これをノンバンクで借りることも可能です。

その他、もともと全期間固定金利型の【フラット35】を検討している人もノンバンクを検討する余地が大きいといえます。全期間固定金利型の場合、変動金利型と比較するとやや金利が高くなりますが、金利が低めの傾向にあるノンバンクで【フラット35】の融資を受ければ変動金利型との差はより小さくてすみます。「返済額が一定の【フラット35】に興味はあるけれど、金利が高くなるのが気になる」という人は、一度、ノンバンクの公式サイトで金利を確認してみるといいかもしれません。

実は、【フラット35】と一口で言っても、質の高い住宅を購入した際や、中古住宅をリフォームで性能向上させた場合の金利優遇や、子育て支援のための金利優遇がされている商品、さらには住宅ローン返済が困難になった場合に住宅借上制度を利用できる特約付きの商品など、複数のタイプの取り扱いがあります。

預金業務や独自の住宅ローンも展開している銀行のホームページでは、その全てを紹介するのは難しいですが、ノンバンクのサイトでは、機構の商品を詳しく掲載していることが多いです。思った以上に金利が低い、使い勝手がいい、ということもありますので一度目を通してみることをおすすめします。

知名度で劣るため、その実力が知られていない面もあるノンバンクですが、実は多くのメリットがあります。住宅ローン借り入れの際は、検討先に加えてみてはいかがでしょうか。

最新金利での住宅ローンシミュレーション【無料】はこちら>>

▼【相談無料】住宅ローン専門金融機関/国内最大手ARUHIは全国140以上の店舗を展開中

この記事もおすすめ

住宅ローンについて知る

住宅ローンをご検討中の方

この記事の執筆者
横山晴美 ファイナンシャル・プランナー

ライフプラン応援事務所代表 AFP FP2級技能士 住宅ローンアドバイザー
2013年にFPとして独立。企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ライフプラン応援事務所

おすすめ記事