この記事は、約4分で読めます

元衆議院議員で実業家としても活躍している杉村太蔵さん。議員になる前は証券会社に勤めていたキャリアもあって、現在は投資家としての一面も。これまでに株式投資で4,000万円以上の利益をあげ、資産数億円以上を築いた手腕の持ち主である杉村さんにお話を伺いました。

「投資は利益だけを追求するものではない」 自分が応援したい会社に投資することが大切

――投資家として日ごろから心がけていることを教えてください。

あくまでも投資家というのは、自分の利益だけを追求するものではありません。「この会社に成長してもらいたい」「この経営陣に頑張ってもらいたい」という思いをもつことが肝心なんです。自身の儲けよりも会社の成長を考えることが大切なスタンスです。また、社会情勢も株価に反映するので、誰よりも世界の平和と安定を願うのが真の投資家といえるかもしれませんね。今日買って明日売る、というような短期間のスパンで行うのではなく、“いい会社”に細く長く投資することが大前提です。

――杉村さんが思う“いい会社”というのは、具体的にどのような会社でしょうか。

自分自身がその会社を応援したいと思うかどうかですね。扱っているサービスや商品を自分が好きだと思えるのが「いい会社」だと思います。よく、「安心して投資できる会社はどこですか?」と聞かれるのですが、そんなところはありません。投資には必ずリスクが存在するものです。だからこそ、投資は余裕資金の中で、なおかつ自分が応援したい会社に対して行うことが大切なんです。自分の儲けだけを考えて投資に手を出すと失敗するのではないでしょうか。

――投資といえば、資産を増やす手段だと考える人が多いかもしれませんね。

もちろん利益を生むことも大事ですが、自身の資産形成はその先のステップですね。また、投資で得られる一番の財産は、お金ではなく知識なんです。会社の成長を願って投資をしていると、経営状況や社会情勢など経営に関わってくることが非常に気になってきます。そこから勉強して得られる知識が自分の財産になるはずです。これはあらゆる投資の中でもっとも高いリターンだと思いますよ。

――知識がつくことが投資のメリットでもあり、面白さでもあるのでしょうか?

そうですね。また、「株を買えば株主になれる」ということ自体が魅力でもあります。たとえば、自分が就職試験で落ちた会社があるとしますよね。しかし、社員にはなれなくても、株を買えば株主になることができるんです。株主になるということは、経営者と同じ目線で会社を見ることができます。入社することはできなかったとしても、その会社に深く関わることができるのは非常に面白いことなのではないでしょうか。

知識をつけながら自分の直感を磨いていくことが“自分自身の財産”に

――株式以外の投資についてはどのようにお考えですか?

仮想通貨や不動産であっても、根底的な考え方は株式投資と同じだと思います。余裕資金の範囲内で、興味関心があることに投資することが大切です。不動産は、資産価値にばかり気をとられるのではなく、思い入れのある土地や自分が住みたいと思える物件を選ぶという発想で買うことをおすすめしますね。

投資用ではないものの、今の住まいは本当に気に入った物件だったので購入しました。賃貸と分譲のどちらがいいかについてはさまざまな意見がありますが、今の金利水準は今後下がることが考えられないくらい低いので、本当に気に入った物件であれば購入した方がいいと考えています。いずれは不動産投資にも手を広げたいですね。

――現在お住まいの物件を購入した際の決め手は何でしたか?

仕事上での利便性もありましたが、一番の決め手は直感です。妻と一緒に50件近い物件を見て回りましたが、物件を見た瞬間に「ここにしよう」と思いました。価格から間取りまで、求めていた条件が揃っていたのはもちろん、ピンとくるものがあったんです。住んでからも大満足で、今でもふたりで本当にここに決めてよかったと話していますね。

――直感を信じるのも大切だということですね。

物件選びに限らず、自分の直感を信じて決めることは大切だと思います。理屈に惑わされて、選択を迷ってしまう人は多いですよね。しかし、もっと自分の直感を信じて行動してみたらいいと思います。

――杉村さんがさまざまな分野で活躍されているのは、直感力の賜物なのかもしれませんね。

意外と人間は不器用ではないと思うんですよね。「これは自分にはできない」と思わずに、いろいろなことに挑戦するべきだと思います。投資も同じように「自分には向いていない」と思う人もいるかと思いますが、日々ニュースや新聞を見たり、さまざまな分野にアンテナを張っているうちに、自分の直感力が磨かれていくと思います。知識をつけて自分の感覚を磨いていくことこそが自分にとって大きな財産になるのではないでしょうか。

(取材・記事執筆:プレスラボ)

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事