週末に田舎で過ごすセカンドハウスがほしい、大学生の子どもが住むマンションを買いたいといった場合、既に持ち家など住宅ローンを組んでいる状態で新たに住宅ローンを組むことはできるのでしょうか。その場合でも、親族居住用住宅ローンやセカンドハウスローンと呼ばれるローンを組むことが可能です。それぞれどのような特徴で、融資の条件はどのようなものなのでしょうか。また、二件目のローンを組む際の注意点についてもご説明します。

もう1軒、家を購入したい!住宅ローンのダブルローンは可能?

「通勤に時間がかかるので職場の近くに寝泊まりするマンションがあるといい」「子どもが大学進学で上京するので都内にマンションを買おうかと思う」「週末は都会を離れて田舎で暮らしたい」こんな理由から、二軒目の家を買うことを検討するケースがあります。ですが、すでに住宅ローンを組んでしまっている場合、二件目の住宅ローンを借りることはできるのでしょうか。

結論は「条件を満たせば」可能です。

本来、住宅ローンは、融資を受ける本人が居住する家を購入するためのローンです。ですから、多くの金融機関では一世帯に一件の住宅ローンを原則としています。

では、二件目の家を購入するためのローンは組めないのかといえば、必ずしもそうではありません。上記で記載したように条件を満たせば住宅ローンを組むことはできます。どのような場合にどのような条件を満たせば住宅ローンを組むことができるのか、具体的に見ていきましょう。

二件目の住宅ローンを組める2つのケースとは?

二件目の住宅ローンを組むことができるケースとしては、大きく分けて2つあります。ひとつは“住み替えのために一時的に住宅ローンを二重に組むケース”、もうひとつは“セカンドハウスローンや親族居住用住宅ローンを組むケース”です。この記事では、後者について解説するのが目的ですが、前者についても簡単にふれておきましょう。

(1)住み替えのために一時的に住宅ローンを二重に組む

現在の家を売却して、新しい家を購入する際、一時的に住宅ローンを二重に借り入れする場合があります。住宅ローンの残った家の売却目処は立っていないけれど、新たな住宅ローンを組むことに問題がない場合や、売却の目処が立っていても、新居購入までに売却手続きが間に合わない場合に、一時的に住宅ローンを二重に組むケースがこれに当たります。この場合、現在の家の売却が成立するまで、二件の住宅ローンの返済を続けることができれば特に問題はないと言えるでしょう。

(2)親族居住用住宅ローン、セカンドハウスローンを組む

前述したように、住宅ローンはマイホーム購入のための融資なので、基本的に一世帯に一件のローンしか組めません。ですが、親族が居住するための家や、週末などに過ごすセカンドハウスを購入するための住宅ローンを取り扱っている金融機関があります。金融機関によって違いますが、親族居住用住宅ローンやセカンドハウスローンと呼ばれる商品です。

どちらのローンも、融資を受ける本人や、その親族が居住する場合にのみ利用できることになっています。

参考:セカンドハウスの購入でも申し込める、ARUHIフラットのメリットとは

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事