この記事は、約2分で読めます

不動産ビッグデータを活用しコンサルティングを行う、スタイルアクト株式会社。同社は、運営する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」の登録会員20万人のうち、直近3カ月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある人を対象に、今回で38回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行った。

なお、同社では、供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している(第1回は2008年4月、今回で38回目)。

価格が「高い」が67.6%、「買い時ではない」も+4ポイント増

まず、現在のマンション価格に対し、「高い(購入を諦めるほど+ためらうほど)」と回答した人は67.6%で、「高い」という回答は2015年7月以降、6割を超え続けている。

一年後の価格予測は「横ばい」が+8ポイント増加し54.8%と半数を超え、大きな値崩れ予想は少数

買い時かどうかについては、「買い時ではない(買い時ではない+あまり買い時ではない)」と回答した人は46.7%と前回より4ポイント増加、1年後のマンション価格は「横ばい」と予測する人が54.8%と大半を占め、8ポイント増加した。高いと判断しながらも、大きな価格下落を予測する層は少ないことがわかる。

東京23区では74.8%が「価格が高い」と回答、その他のエリアに対し17ポイントの差、23区への割高感が強い

最後に、価格に関して、東京23区では「高い(購入を諦めるほど+ためらうほど)」の合計は74.8%だったのに対して、他のエリアでは57.5%と、その差は17.3ポイントで、東京23区の価格に対する割高感が強い傾向にあることが判明した。

【調査対象】
・調査期間とサンプル数:第28回:15年1月8日~13日(110件)、第29回:15年4月3日~10日(104件)、第30回:15年7月1日~6日(159件)、第31回:15年10月6日~9日(105件) 、第32回:16年1月5日~8日(116件)、第33回:16年4月6日~11日(173件)、第34回:16年7月1日~5日(118件)、第35回:16年10月 1日~3日(114件)、第36回:17年1月5日~10日(199件)、第37回:17年4月1日~4日(124件)、第38回:17年7月1日~4日(210件)
・調査地域:全国
・調査方法:スタイルアクト運営サイト「住まいサーフィン」

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:「住まいサーフィン」サイト

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事