この記事は、約3分で読めます

転勤の度に転居を繰り返していたというSさんご夫婦。兵庫県神戸市と千葉県市川市でのマンション購入を経て、終の棲家として選んだのは大阪市阿倍野区でした。その理由と、1年半の歳月を掛けたという家探し、その後の暮らしまで伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Sさん 女性
年代(購入時) 60代前半
職業・業種 事務職・不動産業
雇用形態・年収 嘱託・420万円
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 大阪府大阪市・30分
社会人歴・転職回数 40年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 7年
■購入物件情報
物件所在地 大阪府大阪市
アクセス 地下鉄御堂筋線/西田辺駅 徒歩10分
物件種別・間取り 新築マンション・3LDK
購入価格
頭金
3,468万円
2,068万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)
住宅ローン 返済額
返済期間
月7万2,000円(ボーナス払いなし)
17年
引越し前の所在地 千葉県市川市
購入前の家賃・間取り 自宅 3LDK

結婚やリタイアのタイミングで、2度の住宅購入を経験

初めてマイホームを購入したのは、結婚から数年後のこと。私が生まれ育った神戸で新築マンションを購入しました。転勤後は賃貸に出していましたが、2回目の都内勤務が決まったタイミングで売却。その後は定年まで社宅で暮らしました。夫がリタイアしたタイミングで社宅を退去し、千葉県市川市、南行徳駅から徒歩10分程度の中古マンションを購入。友人がいる船橋に近いですし、当時、私の職場が神楽坂にありましたので、地下鉄東西線で1本という立地が魅力でした。3LDKの間取りで、7畳以上の寝室やゆとりあるウォークインクロゼット、廊下にも収納があり、住み心地は抜群でしたね。

大阪市阿倍野区にエリアを限定した物件探し

快適に暮らしていましたが、一昨年に義父が亡くなり、義母が一人になってしまいました。夫は長男ですから「近くで見守りたい」という話が出るようになりました。また、私もそう遠くない未来にリタイアの時期を迎えます。夫が生まれ育ち、嫁いだ妹も長く暮らしている大阪への転居を、真剣に考えるようになりました。

お散歩コースには素敵な公園も

妹が住んでいて、夫の実家まで自転車圏内の阿倍野区にエリアを限定し、インターネットで物件情報を収集。南行徳の中古マンションは80平米近くありましたので、同程度の広さで探しました。最寄り駅から徒歩10分以内で、できれば南向きの角部屋が希望でしたね。当初は築15年以内、2,000万円台の物件を探していましたが、「あべのハルカス」の建設などが影響し、阿倍野区の物件は価格が上昇。予算は上げざるを得ませんでした。

東京と大阪を往復しながら、1年半ほど継続した家探し

1年半ほど掛けて、30軒程度の物件を見学。お盆や正月など、実家に帰省するタイミングを利用して何軒か巡っていましたが、最後の方は弾丸で行き来していましたね。その間には何度か、真剣に購入を考えた物件もありました。阿倍野区南部で2,000万円台の物件を見つけた時には申し込みまでしたのですが、現地へ足を運んでみると、共用部の汚れなどが気になったためキャンセル。80平米・角部屋の物件は、交渉して何とか2,000万円台で購入できそうだったのですが、管理組合がうまく機能しておらず、修繕計画に不安が残りました。住宅ローンに関わる各種証明書が発行されないなど、対応面でも疑問を感じ、結局申し込みをキャンセルしてしまいました。

リビングにはマッサージチェアを置き、バルコニーから見える夜景を眺めながらくつろいでいるそう。「大規模マンションなので騒がしいかと思ったのですが、思ったより静か。共有スペースがゆったりとられていて快適ですし、管理費や修繕積立金が安いこともメリット。結果としては悪くない選択でした」

広く明るいバルコニーが特徴の新築マンションを購入

購入を決めたのは、南東向きのバルコニーに面した角部屋住戸。71平米少々と前居よりもコンパクトですし、収納スペースも少し減ってしまいますが、バルコニーが広く明るいところが好印象でした。今まで、柱の出っ張りが目立つマンションをたくさん見てきた中で、凹凸のないすっきりとした洋室も気に入りましたね。前居と間取りが似ていて使いやすそうなこと、目の前にスーパーがある利便性も魅力でした。小規模の建物が好みな私たちとしては、全戸数が300戸近く「大規模過ぎるかな?」という気持ちがありましたが、思い切って購入。新築物件で予算を大幅にオーバーしていますが、終の棲家となりますので「ここまで頑張ってきたご褒美」という気持ちで決断しました。

バルコニーは、2メートル近い奥行があって開放的。「テーブルや椅子を置いてお茶を飲んだり、プランターでお花を育てたり、夫は昼間に雑誌を読んだりしています」

60代・正社員でなくても借り入れできる【フラット35】

住宅ローンに関しては、63歳という年齢や雇用形態、持ち家があっての借り入れということで、【フラット35】以外に選択肢はありませんでした。売主から紹介されたモーゲージバンクで申し込み。夫はリタイアしてアルバイトしかしていませんでしたので、私の単独名義で借り入れました。

その後、前居は売却。転居を機に会社を辞める覚悟でしたが、勤務先の大阪支店に転勤することができましたので、現在も働いています。住宅ローン控除を受けることができますのでマイペースに返済していますが、退職したタイミングで売却した資金を使って完済したいと思っています。

前居と同様の対面キッチンが特徴のLDK。明るく使いやすいそう。「平日や朝食は夫が作ってくれることが多いです。単身赴任時代があるので自炊はお手のもの。楽チンで助かっています」

家族とも、昔からの友人とも気軽に会えるように

新居は、目の前にスーパーのある立地が何よりも便利。室内も快適で、リビングでゆったりとくつろげます。親族の家が近い環境も、やっぱりいいですね。義母の実家へ行く機会が増えましたし、月に1度は泊まりに来てもらっています。義母は94歳ですが、まだまだ元気。妹や甥、姪と会う機会も増え、食事などを楽しんでいます。夫も私も、最近は学生時代の友人と久々の再会を果たし、楽しい時間を過ごしています。思い切って関西に帰ってきてよかったです。

美味しいランチも楽しんでいます
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事