この記事は、約4分で読めます

勤務先で、女性のマンション購入のサポートをしているIさん。ご自身も、25歳という若さで、マイホームの購入を決めました。資産価値も意識した家探しや住宅ローンの借入れについて、実際に新居を購入した今、思うことを語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Iさん 女性
年代(購入時) 20代後半
職業・業種 営業職・不動産業
雇用形態・年収 正社員・560万円
家族構成 本人
勤務地・通勤時間 東京都目黒区・30分
社会人歴・転職回数 3年・0回
勤務先の社歴(ローン実行時) 3年
■購入物件情報
物件所在地 東京都大田区
アクセス JR京浜東北線/大森駅 徒歩4分
物件種別・間取り 中古マンション・1LDK
購入価格
頭金
3,100万円
100万円
住宅ローン 全期間固定金利型
住宅ローン 返済額
返済期間
月9万538円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 東京都世田谷区
購入前の家賃・間取り 月12万円 1LDK

職業柄、以前から秘めていたマイホーム願望

長らく実家暮らしでしたが、勤務先の不動産会社が販売した賃貸マンションに引っ越し。元々一人暮らしに興味がありましたし、東急東横線・目黒線の田園調布駅まで徒歩10分。職場まで歩いて行ける立地でとても便利でしたね。

ソファやダイニングテーブルを置いてもゆとりある広さのリビングダイニング。「友人や親を呼んだ時にゆっくりしてもらえるよう、3~4人用の家具を選んでいます。リビングとダイニング、それぞれを使い分けて寛げる空間がお気に入りですね」

勤務先では、女性のマンション購入を応援するためにセミナーなどを開催しています。日頃から「毎月家賃を払い続けるよりも、マイホームを購入して資産を持つべき」と伝える仕事をしているため、私も1人暮らしを始める前からマイホーム願望がありました。

将来賃貸に出す可能性も踏まえた家探し

購入する物件は、インターネットで情報を収集。実家がある横浜市と職場がある自由が丘のどちらにもアクセスしやすいエリアで、住宅ローンの借り入れ要件である30平米以上の、比較的新しい中古マンションを探しました。予算は、月々の住宅ローン返済額と周辺の賃料相場を比較して3,500万円以内に設定。将来は賃貸に出すことを視野に入れていますので、その際の想定賃料よりも住宅ローン返済額が下回る金額を考えました。

寝室の壁一面に、濃いブルーのアクセントクロスを貼った。「引き渡し~入居までの一週間を利用し、クリーニングとともに業者へ依頼しました。あまり広くないので、10万円程度で雰囲気を一新することができました」

駅近で生活環境も良好な中古マンションを購入

職業柄、候補に挙がるマンションは一通りチェックしていましたが、本当にいいなと思って見学をしたのは3軒のみ。周辺環境や間取りの形を見て、将来賃貸に一番出しやすそうな1軒を選びました。

購入を決めたのは、京浜東北線沿線で最寄り駅から徒歩4分の中古マンション。近くに大きなスーパーが3軒もある環境も好印象でした。正方形に近い住戸で、収納も充実。33平米という限られた面積を有効に利用できそうなところも気に入りました。他にも購入希望者がいる気配だったこと、同じタイミングで下階フロアの住戸も同程度の価格で販売されていたことから、値下げ交渉はせずに契約。少しでも視界の開けている方が良かったので、上層階を選択しました。

60cm幅のシンクと三口コンロ・背面に食器棚を備えたキッチン。収納量もたっぷりで使いやすいそう。「スーパーで材料を購入し、積極的に自炊をしています。大型スーパーが3軒あり、野菜ならここ、飲み物ならここと使い分けできて便利ですね」

職場で取引があるメガバンクで住宅ローンを借り入れ

住宅ローンに関しては、普段から仕事を通じて取引があり、審査が早く通りやすい印象のメガバンクを選択。もしかしたら、多少便宜を図ってくれたのかもしれませんが、2~3日で審査が通りました。全期間固定金利型で、金利1.41%で借り入れ中です。もし今後、大きく金利が下がるようなことがあれば、借り換えを検討するかもしれませんが、当分はこのまま返済を続ける予定です。

鏡面扉のシューズクロークがお気に入り。「十分な収納量を備えていますし、姿見としても重宝しています」

日当たりがよく、収納力抜群のマイホーム

新居の間取りは、3畳の寝室を含み1LDK。両隣に部屋がないため、リビングダイニングは2方向に、洋室やパウダールーム、浴室にも窓があり、自然光がたくさん入ります。ウォークインクロゼットやアッパーキャビネットなど、収納力があるところもお気に入りですね。

愛用していたセミダブルベッドがすっぽりと入る、程よいサイズの寝室。隣接するウォークインクロゼットにはコの字型にパイプが設置されていて、収納力抜群。半分くらいは洋服が収まっているそう。アッパーキャビネットには普段使わない冬服や布団をしまっている。

20代・単身でマイホームを購入してみて

マイホームを購入して以来、休日は家の中でゆっくりと過ごせるようになりました。金銭的には、賃貸物件の家賃を支払っていたところが住宅ローンの返済に変わっただけで、何ら変化はありません。

25歳でマイホームを購入しましたので、当初は親を始め、周囲から驚かれました。でも、実際に買ってみた今、後悔する点が全くありませんので、自信をもって住宅購入をお薦めできます。職場で住宅ローンの借り入れを恐れている方とお会いすることが多いのですが、実体験をもとにアドバイスできるようになったことも良かったです。

独身の間はここに住み続けますが、結婚が決まったら転居することになるでしょう。貸すか売るか、その時に考えたいと思っています。

パウダールームは、三面鏡の裏が収納になっている。「ドライヤーをかけるフックや箱ティッシュをしまえるスペースなどもあり、便利に使っています」
マンションでは少し珍しい、窓付きの浴室。「洗濯物を干している時も、入浴中も、窓を開けていることが多いですね。パウダールームで化粧をしている時も開けておくと、朝から明るくて気持ちがいいです」

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事