この記事は、約6分で読めます

渋谷駅から東急田園都市線の急行で20分程度の、たまプラーザ駅。田園都市線沿線でも屈指のおしゃれな住宅街として知られていますが、2009年には再開発事業にともない新駅舎が完成。「たまプラーザテラス」がオープンし、北口側・南口側ともに周辺の街並みが一変しました。 ますます盛り上がりを見せる、たまプラーザエリアの住宅や、住宅ローン事情は今、どのようになっているのでしょうか?「ARUHIたまプラーザ支店」で、様々なお話を伺いました。

ブランドイメージが高い東急田園都市線沿線、再開発と近年の住宅事情は?

ARUHIたまプラーザ支店は、東急田園都市線のたまプラーザ駅南口から徒歩4分。2016年に竣工したばかりで、全面ガラス張りのおしゃれな外観が目印です。早速店内で、スタッフの皆さんに、お話を伺いましょう。

店舗はフォーラムたまプラーザの2階。電車より車で来店するお客様が多いそう。提携しているコインパーキングがあるので安心だ。

――たまプラーザ駅周辺を始めとする横浜市青葉区は、美しい街並みの新興住宅街として根強い人気があります。「東急田園都市線」のブランドも健在な印象ですが、ここ数年の住宅事情はいかがですか?

ARUHI:たまプラーザ駅北口周辺の「美しが丘」や隣の「あざみ野」、青葉台駅に近い「松風台」といったエリアは高級住宅街です。一帯は土地価格やマンション相場が高く、自由が丘や武蔵小杉といった東急東横線沿線の主要駅にも引けをとらないほど。田園都市線沿線ではNo1の人気駅と言えます。

最近は、『東急百貨店たまプラーザ店』のすぐ裏で、大型マンションを建設中です。駅から遠い区画は3,000~4,000万円程度で購入できるようですが、条件の良い高層階は1億円を超えるそう。郊外の住宅は余り始めているという声を聞きますが、たまプラーザ駅周辺に関しては、その様子もなく、高値を維持し続けていますね。

都心への通勤アクセスも住環境も良好なエリアで暮らしたい方が、多数来店

店内は、ARUHIのコーポレートカラーであるイエローとブラック、ホワイトで構成。キッズルームも完備しており、ファミリーに好評だ。

――ARUHIたまプラーザ支店にいらっしゃるのは主に、どのようなお客様ですか?

ARUHI:たまプラーザは、東京都内や横浜で勤務する方のベッドタウンとして知られているエリア。いらっしゃるお客様のほとんどが近隣にお住まいの方です。東急田園都市線や東急東横線の沿線で暮らす方は、東京都内や神奈川に拠点のある大手・有名企業に勤める、比較的高所得の会社員が多いですね。

――購入される新居も、たまプラーザ近辺で探す方が多いのでしょうか?

ARUHI:通勤の便利なところ、住環境のよいところを探される印象が強いです。たまプラーザに限らず、東急田園都市線沿線はそうした観点から人気があります。たまプラーザは郊外の住宅地で戸建てが圧倒的に多いのですが、当店にいらっしゃるお客様の傾向を見ると意外とマンションを購入する方が多く、お客様の比率で言えば戸建てが6割、マンションが4割といったところ。戸建ての場合、そのほとんどが新築です。マンションですと、当店を利用されるお客様の多くが中古マンションを購入されますね。新築・中古を問わず、東急田園都市線の駅周辺では圧倒的なシェアを誇る、東急ブランドのマンションが中心です。価格帯としては、新築戸建てで4,000万円台後半~5,000万円台、中古マンション3,000万円台後半~4,000万円台といったところでしょうか。

――お聞きしていた通り、都内とあまり変わらない金額ですね! 仕事帰りに来店されるお客様もいらっしゃいますか?

ARUHI:平日は都内で働き、土日の休日を利用して住宅ローンの相談にいらっしゃる方がほとんどです。日曜の来店が非常に多いですね。

人気は固定金利! 対面相談でよりベストな選択ができるようサポート

ARUHIたまプラーザ店に来店するのは、スタッフとの対話を大切に考えているお客様がほとんど。商品の特徴をしっかりと把握して、納得した上で住宅ローンの申し込みができる。

――どのようなご相談が多いのですか?

ARUHI:住宅ローンの商品内容だけでなく、組み方やプランにこだわり、複数の金融機関を並行して検討しているお客様がほとんどです。金融リテラシーの高い方が多く、資産管理や運用、保険、相続や税金対策などご相談内容は多岐にわたります。

――様々な商品を比較検討した結果、選ばれるのはどんな商品ですか?

ARUHI:固定金利志向のお客様が多いですね。前述の通り、金融リテラシーの高い方が多いので、「金利が低いから変動金利がいい」と安易に飛びつく方はほとんどいらっしゃいません。綿密なシミュレーションを行い、保障内容なども含めて多角的に検討した上で、ベストな選択をしていただけるように尽力しています。

知識豊かなスタッフが、金融に関するあらゆる相談に応じてくれる

――スタッフの皆さんは、住宅ローンのみならず金融全般の高度な知識が必要ですね。

ARUHI:その通りです。たまプラーザ支店のスタッフは現在5名ですが、うち4名が銀行出身で住宅ローン経験者。残る1名は新人ですが、ファイナンシャルプランナーの資格を取得予定です。他にもファイナンシャルプランナーが在籍しておりますので、住宅ローン以外の知識も豊富です。過去には、住宅ローンの借り入れ先としていくつかの金融機関を検討していた方が、他行の方が好条件だったにも関わらず申込をして下さったことも。将来の相続を見据えて何をすべきか、生命保険や医療保険は何に入ればいいかといったご相談にも対応できるスタッフがお待ちしております。

前職では資産運用を担当していたスタッフも在籍。お客様からは様々な質問をされるが、「対応力とそのスピードには自信がある」と言う。

飲食店もショッピングスポットも充実! 地元で人気のスポットは?

――ところで、日曜日に来店されるお客様が多いとのことでしたから、来店後に食事や買い物を楽しまれるお客様も多そうですね。お薦めの店などありましたら教えて下さい!

ARUHI:当店が入るビルの1階に昨年、大阪で有名な高級生食パン専門店の「乃が美」がオープン。土日は行列ができるほど流行っていますね。最近では、当店の場所を説明する際、「たまプラーザの食パン屋さんのビルです」と言えば把握してもらえます(笑)。ご相談帰りに買って帰るお客様も多いですよ。「ロイヤルガーデンカフェ たまプラーザ店」も当店の近く。パンケーキが人気ですが、パスタやカレーなどの食事もできます。ランチセットについてくるフォッカッチャが絶品です!

北口なら予約必須のお好み焼き店「こぐま」が若手スタッフに人気。個人的なお薦めは、薪窯で焼くピザが売りの「ピッツェリア・エ・バール・ラ・ボラッチャ」です。4種のチーズを使ったシンプルなピザ「クワットロ・フォルマッジ」にはちみつをかけて食べるのが好きですね。A5ランク黒毛和牛の老舗「焼肉よこづな」もお気に入り。高級店ですが、予算に応じて親切に対応してくれますし、美味しいのでスタッフとたまに利用しています。シャトーブリアンを初めて食べたのもこの店でしたね。大きなリブロースを生卵につけて食べる、名物「よこづな焼き」を始め、様々な希少部位を味わえます。

買い物はもちろん、「東急百貨店たまプラーザ店」ですね。昼食時、たまに地下の食料品催物場を利用しています。週替わりで全国各地の名店が出店するので、毎週楽しみにしています。

たまプラーザ駅周辺の飲食店は「数はさほど多くないけれども、総じてレベルが高い印象」とスタッフの皆さん。中でも「焼肉よこづな」は、送別会や給料日後のちょっとした贅沢として利用しているそう。

週末を中心として、多くの人が訪れるARUHIたまプラーザ支店。スタッフにじっくりと相談しながら住宅ローンやお金に関する様々な疑問を解消したい方は、一度来店してみてはいかがでしょうか?

対面で住宅ローン相談: お近くのARUHI店舗へのWEB来店予約はこちら

<取材協力>
ARUHI たまプラーザ支店
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日・土曜日・祝日・年末年始
連絡先:(TEL) 045-914-8531
所在地:神奈川県横浜市青葉区新石川2-4-12 フォーラムたまプラーザ2F 2A-2
運営会社:アルヒ株式会社
アクセス:東急田園都市線 「たまプラーザ駅」 徒歩4分

関連記事

住宅ローン情報

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事

住宅ローン【フラット35】のメリットとデメリットは?

全期間固定金利型住宅ローンの代表ともいえる

住宅ローンの一括審査はおすすめできる? メリット・デメリットは?

住宅ローンの融資を受けるには、審査を受ける必要があります。複数の金融機関で住宅ローン審査を受けたいと考えても、書類の準備や申し込みの手続きには手間も時間もかかり...