この記事は、約3分で読めます


Q.株式投資に興味があります。雑誌で「絶対に値上がりする株」という特集がありますが、今買うのは手遅れでしょうか? 株の買い時はどうやって判断すべきですか?(30代/男性)

“値上がり株”なぜ特集されているのか、その理由を考えよう

雑誌で「値上がりする」と紹介された後に、その株を買うのが手遅れかということですが、それについてお答えする前に、なぜ雑誌でその株が取り上げられているかを考えてみたいと思います。

特集で取り上げられているということは、「値上がりを期待させる情報」がすでに世の中に知られているということです。たとえば、最近であれば、東京オリンピックに向けて需要が高まりそうなサービスや、海外からの旅行者向けのサービスの提供を開始したなど、その企業がすでに新商品やサービスを発表した後で、業績向上や株価の値上がりに対する期待が高まっていることを意味します。

雑誌を編集する担当者や、記事で解説をしている専門家といえども、企業が発表していないような情報を記事にして公開するようなことはできません。あくまでも、企業が発表した情報などをもとに株価の上昇を予測したり、その時点ですでに値動きが上向きになっている株を探したりして、「値上がりする株」として紹介しているのです。

このように考えると、特集されている株の銘柄を買うのが手遅れかどうかは断定できませんが、雑誌が発売された時点で、すでに期待値が含まれて株価が上がっているケースが多いと考えるべきでしょう。ですから、値上がりを期待して購入しても、望み通りに株価が上昇して利益を上げられる可能性は低いのではないか、と私は考えます。

投資に「絶対」はない。会社の業績や将来性は要チェック

また「絶対に値上がりする株」という表現についても考えてみましょう。読者の関心、興味を引きつけるという意味では魅力的ではありますが、投資で「絶対」とか「必ず」と断言できる対象はありません。

株価に関して言えば、国内のニュース、海外のニュースなど、さまざまな要因が絡み合って、その日の相場での売り買いがなされ、価格が上がったり下がったりしていくものです。つまり、株価は、市場の参加者のさまざま思惑で形成されていくものなので、絶対に上がるとか下がるということは、どんな専門家であろうとも言えないはずなのです。

絶対に値上がりすると言われれば魅力を感じて投資してみようと思うかもしれませんが、その言葉を鵜呑みにせず、ご自身でもその会社の業績や将来性を調べた上で、投資の判断をされることをおすすめします。

購入タイミングは、“これから値上がりする”ときがベスト

では、どういうタイミングで株は購入するのがいいのでしょうか。

買い時の判断について言えば、「自分が買いたいと思った時」が買い時だと、私は考えています。たとえば、周囲の人から「今、A社の株が安いみたいだよ」と言われたとしても、多くの人は自分がA社に興味・関心がなければ購入には踏み切らないと思います。

ですから、買い時の話からは脱線してしまいますが、株式投資を始めるのであれば、最初に、「どういう会社・業界なら興味を持って株式投資を行えるのか」を考えることが大切です。

これは難しく考える必要はありません。最初は、日常生活でよく利用するお店を運営している会社、よく利用するサービスを提供している会社を選ぶのがよいのではないでしょうか。

興味をもてる会社・業界が見つかったら、これから値上がりするというタイミングで株を買うのがベストです。それができれば苦労はないと言われてしまいそうなので、もう少しご説明しましょう。

相場は“美人投票” 値上がりするのは、みんなに注目される銘柄だから

株式相場は「美人投票」に例えられます。美人投票ですから、「自分が美人とかイケメンだと感じる人」ではなくて、「他の人も含めて多くの人が美人だとかイケメンだと感じて選ぶと思われる人」を選ぶことがポイントです。つまり、自分がいくら良いと思っていても、他の人からは選ばれないのであれば人気は出ないのです。これを株に置き換えれば、みんなに注目される銘柄だからこそ値上がりもしていくのであり、特集にも取り上げられるようになるのです。

このように考えると、一番の買い時は、「自分が興味・関心のある会社や業界の株」の中で、「まだみんなに選ばれていないけれど、これから人気が出てくるのではないか」という株を見つけた時と言えるでしょう。ただ、こうした株を見つけるには、時間も手間もかかりますし、それなりの経験も必要になってきます。

ですから、これから株式投資を始めたいという方であれば、短期的な株価の変動に一喜一憂せずにすむように、長期保有を前提にすること。そして、ご自身が興味ある会社を見つけて、その会社を応援したいという気持ちになった時に購入することをおすすめしたいと思います。

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤岳志 ファイナンシャル・プランナー(CFP)

百貨店勤務在職中にファイナンシャル・プランナーの資格を取得。税理士事務所、経営コンサルティング会社などを経て、FPオフィス ケセラセラ横浜を開設、代表を務める。マイホーム購入・売却相談の他、不動産投資のサポートも行っている。アニメのルパン三世や名探偵コナン、宮崎駿のジブリシリーズが大のお気に入り。

FPオフィス ケセラセラ横浜: http://fpoffice-yokohama.com/

おすすめ記事