この記事は、約2分で読めます

空調専業メーカーのダイキン工業株式会社は、2017年「空気で答えを出すプロジェクト」をスタートし、夏の暑い夜により快適な環境で良質な睡眠をとれるようなエアコン活用法などの提案を行っている。今回は「夏の寝室でのエアコンの使い方」について、20~70代の男女1,000人を対象に、実態調査を行った。

夏の夜「暑さで寝苦しい」人が6割以上!

まず、夏の夜の睡眠について聞いたところ、エアコンを使用しても「暑くてなかなか寝つけないことがある」人は61.3%、「夜中に途中で起きてしまう」人は61.2%と、いずれも6割以上にのぼる結果になった。エアコンを使用しても暑さを感じて快眠につながっておらず、よりよいエアコンの使い方ができていない可能性が考えられる。

タイマー使用派が一晩中つけっぱなし派のほぼ2倍!

また、夏場に寝るときにどのようにエアコンを使っているか聞いたところ、「一晩中つけっぱなし派」は23.5%、「タイマー(切り/入り)派」は53.1%となり、「タイマー派」が「つけっぱなし派」の2倍で、主流であることが分かった。しかし、いずれの使い方をしても「暑くて寝苦しい」経験をした人は過半数以上いることも分かった。

いづれのエアコンの使い方でも「暑くてなかなか寝つけない」のは同じ

特に主流のタイマー派では「暑くてなかなか寝つけない」65.9%、「暑くて夜中に起きてしまう」64.0%と寝苦しさを経験している結果に。また、温度を調節することにより快眠を得ようとする人のほうが多く、快眠のために湿度コントロールに注意している人はまだまだ少ないという結果も出ている。

夏の快眠には「温度」だけでなく「湿度(しつど)」も重要

睡眠とエアコンの使い方の関係について研究している奈良女子大学の久保博子教授は、夏、快適に眠るためには入眠(眠り始め)に『湿度』をコントロールすることが重要と提言している。入眠直後は、深いノンレム睡眠が比較的永く持続して現れるため、入眠直後に深い眠りに入ると快適な睡眠が取れるのだ。

そのためには、最も人が汗をかく入眠直後に体の汗を乾かして不快感をなくすことが大切。室温だけではなく、湿度を50%より低くするなど快適にコントロールすることが重要となる。また、エアコンを使って寝た次の日に体がだるくなることがあるが、これは体が冷えたため。室温を低くしすぎず、湿度を下げることが重要なポイントとなる。

切りタイマーは「3時間」の設定がおすすめ

また、一晩中エアコンのつけっぱなしが気になる人は、切りタイマーを3時間に設定することがおすすめ。3時間に設定すると、寝始めの深いノンレム睡眠が安定的に取れることが分かったためだ。エアコンを使って眠りに快適な環境を作るためには、寝る時に湿度と室温を快適にする、切りタイマーは3時間にすることなどが大切だと言える。

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:ダイキンがお勧めするぐっすり眠れるエアコン活用術

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"