この記事は、約2分で読めます

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、政令指定都市と東京都区部の21団体の住民にアンケート調査を実施。自分が暮らしているまちに対して感じている愛着や誇り、お勧め度合い、イメージなどを数値化・順位付けを行った「市民のプライド・ランキング」を発表した。

ほとんどの項目で福岡市がトップ。プライドの高さの表れか

対象となったのは、札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、東京都区部、横浜市、川崎市、相模原市、新潟市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市の住民。

現在お住まいの都市に愛着や誇りを感じるか尋ねたところ、福岡市が「愛着」「誇り」ともにトップという結果に。また、現在お住まいの都市を「友人や知人に勧められるか」という質問でも、「全般的によい街であること」「買い物・遊びなどで訪れること」「住むこと」「働くこと」「子育てすること」「アフターファイブを楽しむこと」「いろいろな人と交友を深めること」「趣味や教養を深めること」「デートすること」「多様性があること」の10項目中、9項目で1位となった。

2位は札幌市。九州と北海道の中心部に評価が集中

「愛着」ランキングで2位の札幌市は、福岡市が唯一1位とならなかった「買い物・遊びなどで訪れること」でトップとなり、その他9項目中8項目で2位という結果に。

九州と北海道で圧倒的なポジションにある福岡市と札幌市が、他都市の魅力の影響を受けず、高く評価されたようだ。逆に、それ以外の都市では、近隣都市を魅力と感じる気持ちが、愛着・誇り・お勧め度合いに対する低評価に繋がっている可能性がある。また、今回の調査結果では、都市に対する特定のイメージが住民に共有されていることが改めて認識された。

【調査期間】2017年2月24日~28日
【調査都市】政令指定都市20市及び東京都区郡の21団体
【調査対象】各都市200サンプル
※男女別・年齢10歳階級別(20代~60代)の10カテゴリで各20サンプル
【調査方法】インターネット調査

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事