リビングダイニングを2つの洋室が挟んでいる間取り。「生活動線がコンパクトで使いやすいです」
この記事は、約4分で読めます

不満の多かった賃貸生活から一転し、住宅購入を決めたFさん。利便性が高いエリアにこだわり、2年ほどの年月を掛けてたくさんのマンションを見学したFさんが、最終的に選んだ住まいとは? 詳しくお話を伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Fさん 男性
年代(購入時) 20代後半
職業・業種 看護師・医療
雇用形態・年収 正社員・600万円
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 東京都足立区・40分
社会人歴・転職回数 7年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 2年
■購入物件情報
リビングダイニングを2つの洋室が挟んでいる間取り。「生活動線がコンパクトで使いやすいです」
物件所在地 東京都北区
アクセス JR山手線/田端駅 徒歩4分
物件種別・間取り 新築マンション・2LDK
購入価格
頭金
3,500万円
なし
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)→変動金利(半年型)
住宅ローン 返済額
返済期間
月11万円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 東京都豊島区
購入前の家賃・間取り 月9万円 1DK

設備にも窓口対応にも不満だらけの賃貸生活

夫婦共々転職したことを機に、妻の職場に近い都営三田線/西巣鴨駅から徒歩7~8分のマンションに引っ越し。2年ほど暮らしました。古い建物で湿気やすく、歩いているだけで床が剥がれてしまったり、浴槽は保温できないのですぐに冷めてしまったり、不満が多かったですね。契約をした不動産会社の窓口対応もずさんでした。オーナーが左官屋さんで、不具合があると自らメンテナンスにいらっしゃるのですが、その対応もいい加減で悩みが尽きませんでした。

住み心地の悪い家から早く出たかったですし、家賃を払い続けることが勿体ないと感じていました。また、幼少期に父が公務員で引越しばかりしていた記憶から「自分の定住する場所が欲しい」「自分の資産を持ちたい」という想いもあり、マイホームの購入を決意しました。

前居の浴室は隙間風が酷く、30分も経つとぬるま湯になってしまったと言う。「保温浴槽のある生活は快適そのもの。最近のユニットバスは床の水はけがいいですし、室内物干しも便利で重宝しています」
前居の浴室は隙間風が酷く、30分も経つとぬるま湯になってしまったと言う。「保温浴槽のある生活は快適そのもの。最近のユニットバスは床の水はけがいいですし、室内物干しも便利で重宝しています」

アクセス環境を重視した家探し

「職場に近い」「値崩れしない」「マイカーがなくても快適に暮らせる」といった条件を満たせるエリアを考え、山手線の「池袋」~「上野」間や、京浜東北線の「王子」、埼京線「板橋」駅周辺など、交通アクセスが良好ながら肩ひじ張らずに暮らせそうな街に限定。インターネットで情報を収集し、不動産会社も訪問しました。

予算は当初、3,000万円程度に設定。必然的に「日暮里」や「西日暮里」「板橋」といったエリアのマンションが候補に上がりました。2LDKの物件を20軒ほど見学したのですが、FIX窓で通風の面で不安があったり、間取りがいびつで使い勝手が悪そうだったりと、どの物件も惹かれませんでした。

新居は、目の前に神社がある立地。「この先も高い建物が建つ心配がなく、池袋方面に開けた眺望をいつでも楽しむことができます」
新居は、目の前に神社がある立地。「この先も高い建物が建つ心配がなく、池袋方面に開けた眺望をいつでも楽しむことができます」

山手線の駅近マンションを購入

家探しに疲れてきた頃、たまたまモデルルームを見掛けてふらりと訪問。個々の居室もベランダも広く、JR山手線/田端駅から徒歩4分という駅近の立地も魅力。田端駅は山手線内では少し地味な印象でノーマークでしたが(笑)、穏やかに暮らせそうなエリアだと感じました。見学時、既に最後の1戸でしたし、2年ほどの月日をかけて何十軒もの物件を見てきた私が「ここがいい」と言ったもので、妻も同意してくれました。

見学してから一週間も経たずに、購入を決定。当初の予算と比べると高額でしたが、家探しをしている間に転職して収入が安定しましたので、金額のアップは気になりませんでしたね。「100万円分の家具をプレゼント」という特典が付いていたのですが、家具の代わりに頭金に充当させてもらうことができました。また、当時住宅エコポイントを申請できましたので、30万円分の旅行券もゲット。有効期限はないので、まだ大事にとってあります。

新居に合わせて2人掛けのソファを新調。「妻がここでくつろいでいることが多いですね」
新居に合わせて2人掛けのソファを新調。「妻がここでくつろいでいることが多いですね」

転職をしてから日が浅くても借り入れしやすい【フラット35】

住宅ローンに関しては、いくつかの大手銀行で審査をお願いしたものの、ことごとく通りませんでした。どうやら、25歳で既に3回転職し、現在の職場で働き始めてから日が浅いことが良くなかったようです。【フラット35】なら借り入れができるのではないかと思い、取り扱う金融機関の中で金利が低かったネット銀行で借り入れを行いました。

参考:転職したてでも住宅ローン申し込みが可能。ARUHIフラット35のメリットとは

リビング奥の居室は、引き戸を開ければLDKと一体の空間として利用できる。
リビング奥の居室は、引き戸を開ければLDKと一体の空間として利用できる。

借り換えにより、住宅ローン返済額が800万円減!

今年で転職して5年。「今ならどの金融機関でも借り入れできるのでは?」と思ったこと、5年・10年・15年後とだんだん金利が上がる商品を選んでいたことから、借り換えを決意。自分に合う金融機関を比較して探してくれる会社で金利を比較してもらった中から、アルヒ株式会社を選びました。借り換えにより800万円ほど返済額が減った計算です。毎回20万円ほど支払っていたボーナス払いをなしにできたことも大きかったですね。夫婦ともに看護師で年収は安定していますが、この職業は給料が増えることもあまりありません。これからも同じペースで返済を続けるつもりです。

ダイニングとキッチンが一続きの間取りは、洗い物を手渡す際などに便利だそう。「料理は主に妻の担当です。3口コンロが使いやすいそうで、様々な料理を作ってくれます」
ダイニングとキッチンが一続きの間取りは、洗い物を手渡す際などに便利だそう。「料理は主に妻の担当です。3口コンロが使いやすいそうで、様々な料理を作ってくれます」

帰宅することが楽しみになる住まい

新居は何と言っても、最寄り駅から徒歩4分という立地が魅力。山手線沿線にしてはとても静かな住環境です。セキュリティシステムが導入されている他、3重にロックが掛かる安心感も大きいですね。24時間ゴミ出しできることも嬉しいポイントです。

引っ越して以来、家に帰ってくるのが楽しみになりました。リビングで過ごす時間が増えましたね。

私たちは旅行が趣味なのですが、帰宅当日に戻る賃貸マンションを思い浮かべると憂鬱でした(苦笑)。今ではマイホームが快適なので、テンションが下がることもありません(笑)。駅が近いので休日も気軽にお出かけしやすく、フットワークが軽くなりました。毎日が快適で、マイホームを購入して良かったです。

リビングダイニングを2つの洋室が挟んでいる間取り。「生活動線がコンパクトで使いやすいです」
リビングダイニングを2つの洋室が挟んでいる間取り。「生活動線がコンパクトで使いやすいです」
寝室には、シングルベッドを2つ並べている。「ベッドの間を少し開けるゆとりもあり、ほどよい広さです」
寝室には、シングルベッドを2つ並べている。「ベッドの間を少し開けるゆとりもあり、ほどよい広さです」
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"