床フローリングのライトブラウンに合わせて、ナチュラルな色合いのダイニングテーブルをチョイス。「共働きなので、結婚当初からロボット掃除機が必需品。床に物を置かないように気をつけています」
この記事は、約4分で読めます

社会人になって以来、大阪府茨木市の賃貸マンションで暮らしてきたKさん。結婚を機に、駅近の新築マンションを購入。2人のお子様にも恵まれ、新生活を楽しまれているようです。家探しからマイホームの購入、住宅ローンの借り入れといった経験を経て、現在Kさんがどんなことを想っているのか、お話を伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Kさん 男性
年代(購入時) 30代前半
職業・業種 営業職・広告業
雇用形態・年収 正社員・550万円
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 大阪本町 中央区・40分
社会人歴・転職回数 10年・1回
勤務先の社歴(ローン実行時) 1年強
■購入物件情報
床フローリングのライトブラウンに合わせて、ナチュラルな色合いのダイニングテーブルをチョイス。「共働きなので、結婚当初からロボット掃除機が必需品。床に物を置かないように気をつけています」
物件所在地 大阪府茨木市
アクセス 阪急京都線「茨木市」駅 徒歩8分
物件種別・間取り 新築マンション・3LDK
購入価格
頭金
3,490万円
100万円
住宅ローン 変動金利(半年型)
住宅ローン 返済額
返済期間
月9万9,000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 大阪府茨木市
購入前の家賃・間取り 月9万円 1DK

京都と大阪の中間に位置する、茨木市での賃貸生活

社会人になって以来、阪急京都線茨木市駅から徒歩4分くらいのところにある、7畳の1Kマンションで暮らしていました。大学が京都、勤務先が大阪の中心地にあり、その中間あたりに位置する、私にとっては生活しやすい立地です。30歳になった時、「もう少し住環境をととのえたい」と思った時も近隣で住み替え先を探し、3階建ての賃貸物件が完成したタイミングで引っ越しました。1年少々いる間に結婚が決まり、数ヶ月間は妻と一緒に住んでいました。

床フローリングのライトブラウンに合わせて、ナチュラルな色合いのダイニングテーブルをチョイス。「共働きなので、結婚当初からロボット掃除機が必需品。床に物を置かないように気をつけています」
床フローリングのライトブラウンに合わせて、ナチュラルな色合いのダイニングテーブルをチョイス。「共働きなので、結婚当初からロボット掃除機が必需品。床に物を置かないように気をつけています」

住み慣れたエリアで駅近のマンションに絞った家探し

妻は、結婚=マイホームという想いがあったようです。また、3階建ての3階だったため、子どもが生まれればベビーカーを持って昇降しなければならず大変です。そうなる前に、持ち家を購入しようということになりました。

当時はとても仕事が忙しかったので、通勤アクセスを重視し、住み慣れた茨木市内にある駅近のマンションに限定して探しました。住宅ローン返済額を現在の家賃と同等にしたかったので、購入予算は3,500万円程度に設定。妻は結婚前に京都で一人暮らしをしていたのですが、結婚が決まる前に大阪のマンションを探していた時期があり、マンション相場や設備に詳しく、今回の家探しでその知識が役立ったようです。私の希望は駅近くらいでしたが、妻は庭がある1階の物件にこだわっていましたね。

リビングダイニングの横には小上がりの和室を設けた。「引っ越した後、家具店にオーダーして作ってもらいました。キッズルームのように活用しています。下部には子どものための物を一括して収納しています」
リビングダイニングの横には小上がりの和室を設けた。「引っ越した後、家具店にオーダーして作ってもらいました。キッズルームのように活用しています。下部には子どものための物を一括して収納しています」

庭付き1階の新築マンションを購入

1軒だけ、駅近の中古戸建てがあったのでチェックしましたが、5,000万円程度と高額なのでやはり見送りに。新築マンションを3軒見学しました。将来は戸建てで住みたい気持ちがあるため、売却時の資産価値も考えながら検討しましたね。

3軒とも間取りは3LDKで75平米程度。価格も同じくらいでした。違いはマンションの雰囲気と事業主、環境といったところでしょうか。購入を決めたのは、メイン通りから1本入った閑静な住環境にある物件。全部で20世帯程度の小規模なマンションなので、売却時に競合が少ないであろうこともポイントでした。もちろん、庭付きの1階を選択。価格交渉をしましたものの、「ちょっと厳しい」と言われてしまい、表示通りの価格で購入しました。

庭は外構業者にプランを作ってもらい、オリーブやブルーベリーの木などを植えてもらったそう。「蝶々が来たり、子どもに水遣りを手伝ってもらったり、実を収穫したり、庭のある暮らしを満喫しています。夏場はプールを出すこともあります」
庭は外構業者にプランを作ってもらい、オリーブやブルーベリーの木などを植えてもらったそう。「蝶々が来たり、子どもに水遣りを手伝ってもらったり、実を収穫したり、庭のある暮らしを満喫しています。夏場はプールを出すこともあります」

住宅ローンの借り入れを通じて思うこと

住宅ローンに関しては、販売会社が提携する信託銀行におまかせ。少しでも金利が低い方が良いと思い、変動金利型を選択しました。0.75%と低金利なので、借り換えの予定はありません。当初は、住宅ローン減税で浮いたお金を繰り上げ返済に充てる予定でいました。しかし、妻が産休・育休に入り、収入が半分以下に減ってしまったため、その補填に充てることに。最近、キャッシュフローが回復しつつあるので、できるだけお金を貯めて、いずれは繰り上げ返済を出来ればと思います。60歳くらいで完済できるといいですね。

住宅ローンの借り入れは、人生に大きな変化をもたらしました。親族から融資を受け、住宅ローンを使わずに家を建てた知人は、頻繁に旅行へ行ったり、子どもが何人もいたり。羨ましいと思いますが、そんなに悲観はしていません。前向きに返済を続け、いつかは戸建てに買い換える計画も実現させたいです。

南側の庭に面して大きな窓が設置されている。「隣家が迫っている関係で、東からの自然光や風を取り込めるように工夫されているようです。これはお気に入りですね」
南側の庭に面して大きな窓が設置されている。「隣家が迫っている関係で、東からの自然光や風を取り込めるように工夫されているようです。これはお気に入りですね」

仕事中心の生活から、家族が第一に

妊娠中に新居へ引っ越し、その半年後には出産。現在は2人の子ども達と暮らしています。子どもの保育園の友達やその家族を招いて食事会を開くなど、賑やかな毎日です。家族ができると同時にマンションを購入したこともあり、「家族との時間を大切にしたい」という想いが増しました。休日は家で過ごすことが多いですね。

今までは仕事を優先してきましたが、最近はワークライフバランスに重きを置きたいと考えるようになりました。通勤時間は倍近くになりますが、妻の実家近くにある戸建てに買い換えることも検討中です。来年の4月には、上の子が小学生になりますので、それまでに決断したいですね。

Kさんは現在、5歳の男の子と2歳の女の子の4人家族。「玄関収納が少し足りないことが悩み。北側で少し暗いところも気になるので何とかしたいですね」
Kさんは現在、5歳の男の子と2歳の女の子の4人家族。「玄関収納が少し足りないことが悩み。北側で少し暗いところも気になるので何とかしたいですね」

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事