家具はアパート時代に購入したものがほとんど。「できるだけ腰高で揃え、圧迫感がないように配慮しました。主に妻が選びましたが、2人で見に行きこだわって購入したお気に入りです」
この記事は、約3分で読めます

子育て環境などを考え、マイホームの購入を決めたKさん。1年近い時間を掛けて物件を見学してきた結果、「団地を購入して住みやすくリフォームする」という結論に至ったそうです。その経緯と現在の暮らし、これからについても語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Kさん 男性
年代(購入時) 20代後半
職業・業種 営業職・金融業
雇用形態・年収 正社員・500万円
家族構成 夫婦+子ども1人
勤務地・通勤時間 神奈川県横須賀市・40分
社会人歴・転職回数 6年・0回
勤務先の社歴(ローン実行時) 6年
■購入物件情報
家具はアパート時代に購入したものがほとんど。「できるだけ腰高で揃え、圧迫感がないように配慮しました。主に妻が選びましたが、2人で見に行きこだわって購入したお気に入りです」
物件所在地 神奈川県横浜市金沢区
アクセス シーサイドライン「鳥浜」駅 徒歩5分
物件種別・間取り 中古マンション・3DK→2LDK
購入価格
頭金
1,100万円
200万円
住宅ローン 当初固定金利型(固定金利期間12年)
住宅ローン 返済額
返済期間
月4万6,000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 神奈川県横浜市金沢区
購入前の家賃・間取り 月7万円 2DK

アパート暮らしを経てマイホーム購入へ

結婚を機に、京急富岡駅から徒歩10分ほどのアパートに引っ越し。2年ほど暮らしました。目の前にコンビニがあり、駅から帰宅する途中にスーパーもありましたので住みやすかったですね。

結婚当初から「いずれはマイホームを購入したい」と考えていました。アパートではどうしても、将来子どもが生まれた時に手狭ですし、家賃を払い続けるのはもったいないという気持ちも大きかったです。

団地のすぐ近くに公園があり、お子様たちにとって絶好の遊び場になっている。「大通り沿いの物件ではないので、子どもたちを安心して送り出せます」
団地のすぐ近くに公園があり、お子様たちにとって絶好の遊び場になっている。「大通り沿いの物件ではないので、子どもたちを安心して送り出せます」

1年ほど掛けて中古マンションを検討

妻がマンションのモデルルームで働いていたため、そちらで物件を紹介してもらいながら、1年ほどかけて家探しをしました。予算は1,500万円程度。13年前の当時はパソコンを持っていなかったため、インターネットでの情報収集はできませんでしたね。

住み慣れた金沢区内の中古マンションをいくつか見学しましたが、2,000~3,000万円台のマンションは魅力的なものの予算オーバー。1,000万円台のマンションは家具の配置が難しそうな間取りで惹かれず、これという物件が見つかりませんでした。

毎年春になると、LDKから満開の桜を眺めることができる。「購入してから気付きました。家の中から桜を鑑賞できてラッキーですね」
毎年春になると、LDKから満開の桜を眺めることができる。「購入してから気付きました。家の中から桜を鑑賞できてラッキーですね」

数十年前に開発された団地の2階を購入

そんな時、UR都市機構(当時の日本住宅公団)が開発した金沢シーサイドタウンなら、金額的に見合う物件が購入できそうだと気づき、物件購入価格を抑えてリフォームをする方向に頭を切り替えました。

団地を専門に扱う不動産会社へ足を運び、売りに出ている住戸をいくつか見学。日当たりが良さそうで気に入りましたし、妻が生まれ育ったエリアで実家に近いこと、落ち着いた環境も良かったですね。

1,280万円のところを、1,100万円まで値下げしていただくこともでき、購入を決定。私はあまりこだわりがなく、基本的には妻におまかせしましたが、リフォームが難しいサッシがスムーズに開閉できるかなど、最低限のチェックは事前に行いました。

Kさんが購入したのは5階建ての2階。「妻が防犯面や虫などの問題で1階は嫌がっていましたが、エレベーターがないことを考えると最上階も避けたいと考えました」
Kさんが購入したのは5階建ての2階。「妻が防犯面や虫などの問題で1階は嫌がっていましたが、エレベーターがないことを考えると最上階も避けたいと考えました」

転職のタイミングで住宅ローンを借り換え

住宅ローンに関しては、勤務先の信用金庫一択でした。当時売り出し中だった、12年の固定金利を選択。金利は2.7%で、当時の感覚ではかなり低金利でした。

購入して8~9年後、転職をしたタイミングにネット銀行の変動金利に借り換えを実施。0.6%と抑えた金利に加え、団体信用生命保険と8大疾病保障を受けられるところも良かったですね。

賃貸住宅から引っ越して以来、月に1回は大掃除をするようになったというKさん。「住み始めて10年を超えたあたりから落ちない汚れが気になってきました。そろそろ業者を入れて、本格的に掃除をしたいですね」
賃貸住宅から引っ越して以来、月に1回は大掃除をするようになったというKさん。「住み始めて10年を超えたあたりから落ちない汚れが気になってきました。そろそろ業者を入れて、本格的に掃除をしたいですね」

間取り変更をともなうリフォームを実現

購入後、不動産会社に紹介してもらった施工会社に依頼してリフォームを行いました。間取りは洋室6畳とDK6畳を仕切る壁を撤去し、広々とした2LDKに。床も壁も全て張り替えました。キッチンやユニットバス、トイレ、洗面台といった設備も一通り交換しています。

妻がこだわったのは、キッチンでした。元々料理が好きで、キッチン用品も愛着を持って選んでいましたので、イメージしていた白のキッチンに新調出来て嬉しかったようです。今でも「キッチンで過ごす時間が一番好き」と話しています。

私は、追い焚きができるようになった浴室がお気に入り。アパートではお湯を溜めてもすぐに冷めてしまったので、快適になりましたね。

家具はアパート時代に購入したものがほとんど。「できるだけ腰高で揃え、圧迫感がないように配慮しました。主に妻が選びましたが、2人で見に行きこだわって購入したお気に入りです」
家具はアパート時代に購入したものがほとんど。「できるだけ腰高で揃え、圧迫感がないように配慮しました。主に妻が選びましたが、2人で見に行きこだわって購入したお気に入りです」

暮らし始めて13年、家族が増えて部屋数が課題に

購入当初は娘が生まれたばかりでしたが、あれから13年が経ち、現在は二人の子ども達と暮らしています。四人で住むのに2LDKは若干狭いので、もうひと頑張りして、3LDKの住戸を選べば良かったなと思う今日この頃です。

現在は子ども部屋が1つしかありませんが、男の子と女の子が一人ずつなのでこのままという訳にもいかず…。しばらく悩むことになりそうです。

妻とは「同じ団地内でもう一部屋多い住戸に買い替えたいね」と話していますが、妻の実家が近く顔を出しやすい立地が気に入っていますし、学区も変えたくありません。今後買い替えできるかどうか、こればかりは縁ですね。

現在、13歳の娘さんと9歳の息子さんを含めた4人暮らし。子ども部屋の確保が今後の課題となりそうだ。
現在、13歳の娘さんと9歳の息子さんを含めた4人暮らし。子ども部屋の確保が今後の課題となりそうだ。
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事