この記事は、約3分で読めます

湿度の高い日本の夏はビジネスマンに厳しいシーズン。暑くなってくると、ワイシャツの脇や背中に汗ジミをつくってしまう父親世代のビジネスマンが増えてくる。気象庁によると今年の夏は猛暑になる見込みのため、汗に苦しむ機会も多くなるはず。ユニクロでは、これから始まる汗が本格的に気になるシーズンと6月18日の父の日に合わせ、女子高生を娘に持つ父親200人、女子高生200人の計400人に「汗による見た目の印象の変化に関する調査」を実施した。

尊敬できるし頼りになるけど、外見には厳しい

「お父さんのことは好きか」という質問に対して「好き」「まあまあ好き」が約8割。「お父さんのことをどう思っていますか?」という質問では「尊敬している」55.5%、「頼りになる」64.5%と、内面では父親のことを信頼しているものの、「かっこいいと思わない」66.0%、「清潔感がない」41.0%と、外見には厳しくなってしまうギャップが明らかになった。

父親の直してほしい部分第1位は「におい(41.5%)」

父親が「理想の父親でいるために大切だと思うこと」は、「においケアをする・いい香りでいる」という回答が4割以上を占めており、多くの父親が見た目よりも「においケア・いい香りでいる」ことが重要だと感じている様子。その一方で娘が父親に直してほしい部分第1位は「におい」41.5%という結果が出ており、父親が実際に行っているにおいケアが十分ではない可能性も。

せっかく尊敬されていても…汗ダラダラだとマイナス32点!

「あなたのお父さんの見た目に点数をつけるとしたら何点?」という100点満点の採点では、平均は65点。汗ケアができていないイメージで点数を出すと、点数は33点と半減した。

汗ジミなどの見た目の印象がどのように影響するのか。印象評論家の重太みゆき先生によると、服装に清潔感があるだけで家族関係やビジネスシーンでのチャンスが増えるそう。まずは、首・ウエスト・手首・足首4つの首周りをスッキリさせるなど、すぐに実践できる“見た目”にチャレンジを。シャツに汗ジミが出ないようにインナーにこだわり、そのインナーが透けないように気を遣うのも、清潔に見せるテクニックとのことだ。

■調査概要
□表題:汗による見た目の印象に関する調査
□調査主体:株式会社ユニクロ
□調査実施機関:株式会社マクロミル
□調査方法:インターネットによるアンケート調査
□調査期間:2017年4月14日~15日
□調査対象:女子高生を持つ父親200人/父親と同居している女子高生200人

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:株式会社ユニクロ

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事