この記事は、約3分で読めます

日本最大級のママ向け情報サイト「ママスタジアム」を運営するインターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースは、同サイトにて『ママリサ~いまどきママリサーチ~』の第15弾として、「パパ感謝度」について実態調査を行った。

今回の調査は「父の日」にちなんで行ったもので、育児にも積極的なパパが注目されているなか、実際にいまどきパパが育児にどう関わっているのか、またパパに対するママの意識や感謝の表し方などについて興味深い結果が得られた。

まず、ママの「パパ感謝度」について聞いたところ、平均73.67点(100点満点)で、約6割のママが80点以上と回答している。さらに「パパがやってくれたら感謝する育児」は、「子どもとパパでお散歩や外遊び」68.1%など「父子だけでの外出」に関する項目が上位となった。続いて「子どもの入浴」「寝かしつけ」「子どもと会話」など日々の育児に関する項目が高くなっている。

また夫婦間で、どの程度お互いへの感謝を伝えているかを聞いたところ、ママからパパへ「(いつも+たまに)伝えている」が6割弱に対して、パパからママへは約5割という結果に。感謝の伝え方は「ありがとうと直接言う」が夫婦ともに約9割で1位、2位は「メールやSNSで伝える」で4~5割と続いた。3位はママが「パパが好きな料理やお菓子を作る」、パパは「抱きしめる・ハグする」で、態度や行動でも感謝を伝えているようだ。

昨年の父の日に「ママからパパへ何かした」人の割合は約5割だったが、母の日に「パパからママへ何かした」人は約3割だった。また、今年の父の日に「ママからパパへ何かをする予定ですか?」と質問したところ、「する予定」と答えたママは37.4%、「しない予定」は24.7%、「まだわからない」は36.0%だった。

主に子どもが両親に感謝を伝える母の日や父の日だが、育児や家事を協力して行う夫婦が増えている現状では、「育児を頑張るパパママが、お互いに感謝を伝え合う日」と捉え直してみてもよさそうだ。

■調査概要
□調査方法:ママ向け情報サイト「ママスタジアム」でのインターネット調査
□対象条件:ママスタジアムユーザー(子育て中の女性)433人、本人年齢…20代以下113人、30代252人、40代以上68人、長子年齢…0-2歳144人、3-6歳145人、7-10歳74人、11歳以上70人
□調査地域:全国
□調査機関:2017年4月28日~5月8日

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:ママスタジアム

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"