この記事は、約3分で読めます

約16,000個のブランドバッグを月額6,800円で使い放題できるレンタルサービス「ラクサス」と、使っていないバックを預けてシェアすることでお小遣い稼ぎができるサービス「ラクサスX」を展開するラクサス・テクノロジーズ株式会社が、「日本に眠るバッグに関する意識調査」を実施。家庭に保管しているものの使われていないバッグの実態と、バッグに関する意識を調べた。

埋蔵バッグは一人当たり約12万円! 関東在住者にバッグの埋蔵傾向あり

まず、半年以上使っていないバッグの総額を尋ねたところ、一人当たりの平均総額が約12万円という結果に。20~50台の女性の総人口から単純計算をすれば、全国で使用されずに眠る“埋蔵バッグ”の総額は、推定3兆7956億円となる。最も多い人は、総額300万円ものバッグを埋蔵していた。

また、関東と関西で比較をしたところ、半年以上使用していない埋蔵バッグの一人当たりの平均総額は、関東が平均14万円で、関西が平均9万円。関東在住の人の方が、より多くのバッグを埋蔵していた。

男性からプレゼントされたバッグの4割が使用されず!

異性からプレゼントされたバッグの中で、現在使っていないバッグがあるか調査したところ、44%のバッグは使われていない事実が判明。自分の好みではないバッグをプレゼントされてしまった人や、複数のバッグをプレゼントされた人が多いと考えられる。

1年以内のブランドバッグ購入者はわずか1割強! 利用目的は女子会やママ会か

1年以内にブランドバッグを購入した人は、わずか13%。ブランドバッグに憧れがあっても、実際に購入している人は少ないことが分かった。

ちなみに、ブランドバッグをどこへ持っていきたいかという質問には、「女子会/ママ会」が51%、「デート」が39%、「合コン」が9.3%と回答。異性よりも同性の前でブランドバッグを持ちたいと思う女性の心理が浮き彫りになった。

【調査期間】2017年5月13日~14日
【調査対象】20~50代女性400名
【調査方法】インターネット調査
※総額算出方法
日本の女性人口は、2016年11月1日現在の20~59歳の人口(31,565千人)で計算(総務省統計局「人口推計(確定値)」による)

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:ラクサス・テクノロジーズ株式会社

<ARUHIの住宅ローンご利用者向け優待のご紹介
ARUHI暮らしのサービス:ラクサス
優待特典内容 
・通常の登録時ポイントに加えて、2,000円分のポイントプレゼント
詳しくはこちら
※「ARUHI暮らしのサービス」は、ARUHI住宅ローンを借り入れされている方は、年会費無料でご利用いただけます。

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事