外観のデザインは、ハウスメーカーにお任せ。玄関が約2畳と広いところがお気に入りだそう。「ベビーカーや子どもの自転車をしまえて、雨の日などに便利です」。
この記事は、約4分で読めます

結婚後、賃貸マンションでの生活を経てマイホームの購入を決めたHさん。当初は新築マンションを見学していましたが、一転して、自宅に近い練馬区で注文住宅を建てることになりました。その理由と経緯とは? 詳しくお聞きしました。

■プロフィール
名前・性別 Hさん 男性
年代(購入時) 30代前半
職業・業種 企画・IT
雇用形態・年収 正社員・800万円
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 東京都品川区・60分
社会人歴・転職回数 9年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 3年
■購入物件情報
外観のデザインは、ハウスメーカーにお任せ。玄関が約2畳と広いところがお気に入りだそう。「ベビーカーや子どもの自転車をしまえて、雨の日などに便利です」。
物件所在地 東京都練馬区
アクセス - 10分
物件種別・間取り 新築注文戸建て・4LDK
購入価格
頭金
6,400万円
500万円
住宅ローン 変動金利(半年型)
住宅ローン 返済額
返済期間
月16万4,000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 東京都練馬区
購入前の家賃・間取り 月12万5,000円(駐車場代込み) 2LDK

物件価格が下落しているタイミングで住宅購入を決意

結婚を機に、以前から住んでいた練馬区周辺で物件を探し、西武池袋線大泉学園駅から徒歩15分くらいのマンションで2年ほど暮らしました。若干駅から遠いですし、部屋はいかにも賃貸という雰囲気。1階だったこともあり、冬はとても寒かったですね。大きな不満こそありませんでしたが、「とりあえず」という感覚で選んだ場所なので、思い入れのあるエリアでも住まいでもありませんでした。

当時、リーマンショックの影響で市況が冷え込んでおり、「今なら手頃な価格で家を買えそうだ」と考え、新築マンションを探し始めました。

玄関ホールの奥に見えるのは、納戸の扉。「キャンプや釣りなど夫婦ともに多趣味なので、アウトドア用品がたくさんあるんです。子どもの遊び道具もまとめてしまっています」。
玄関ホールの奥に見えるのは、納戸の扉。「キャンプや釣りなど夫婦ともに多趣味なので、アウトドア用品がたくさんあるんです。子どもの遊び道具もまとめてしまっています」

マンションから戸建てにシフト

練馬・杉並・世田谷アドレスで最寄り駅から徒歩10分以内の住宅地を条件に、チラシやインターネット検索で情報を収集。5,000万円台の新築マンションを、7~8軒ほど見学したと思います。価格や間取りをチェックして、いくつか「購入してもいいかな」という物件もありました。

しかし、同時に戸建ての可能性も捨てきれずにいました。「いい土地があれば」という程度で検討していたのですが、インターネットで偶然、実家の近くで買えそうな価格の土地を見つけたんです。低層エリアの住宅街という立地ですぐに気に入りました。マンションは修繕積立金や駐車場代など毎月出費が嵩みます。初期投資は戸建ての方が掛かりますが、トータルで考えると却って安上がりだと思いました。

外観のデザインは、ハウスメーカーにお任せ。玄関が約2畳と広いところがお気に入りだそう。「ベビーカーや子どもの自転車をしまえて、雨の日などに便利です」。
外観のデザインは、ハウスメーカーにお任せ。玄関が約2畳と広いところがお気に入りだそう。「ベビーカーや子どもの自転車をしまえて、雨の日などに便利です」

建築条件付きの土地を購入

購入を決めたのは、大手ハウスメーカーの建築条件が付いた土地。建物は指定された数パターンのモデルから選ぶ形式で完全な自由設計ではありませんが、間取りの要望を出せますし、内装設備もある程度の選択肢が用意されています。新築マンションの購入と比べれば十分自由な家づくりができると感じました。土地代が3,900万円なのに対し、トータル6,000万円程度で建てたいと相談したところ、対応可能だと返答をいただき決心できました。

洗濯物を干す時はもちろん、天気がいい日は朝食をとる場所としても活用しているというベランダ。「椅子に座ると周囲の視線が気にならず、空を感じながら寛げます」。
洗濯物を干す時はもちろん、天気がいい日は朝食をとる場所としても活用しているというベランダ。「椅子に座ると周囲の視線が気にならず、空を感じながら寛げます」

住宅ローンは総返済額を意識して変動金利を選択

住宅購入に際し、親から500万円の資金援助があり、丸々頭金に充てることができました。住宅ローンに関しては、ハウスメーカーがお薦めする信託銀行の変動金利を選択。年収から考えて少々多めの金額を借りることになるため、金利が低い変動金利にすることで少しでも返済額を減らしたいと考えました。

購入から数年経って当初よりもだいぶ金利が下がり、借り換えをしたかったのですが、タイミングを逸してしまいました。現在、0.9%程度の金利で借り入れていますので、手数料の負担を考慮すると「このまま返済を続けた方がいいかもしれない」という気持ちです。

玄関から入ってすぐの場所に設けた、1階のトイレ。「手洗いの洗面ボウルは自分たちで選んだこだわりの逸品。お客様も使う場所なので、デザイン性の高いものを選びました」。
玄関から入ってすぐの場所に設けた、1階のトイレ。「手洗いの洗面ボウルは自分たちで選んだこだわりの逸品。お客様も使う場所なので、デザイン性の高いものを選びました」

間取りも立地もイメージ通りの家

新居の間取りは4LDK。1階にはLDKに隣接して、和室を作ってもらいました。大人がくつろげる空間として欲しかったのですが、実際には子どものおもちゃ部屋になっています(笑)。2階には、寝室と子ども部屋が2つ。居室は最低限のサイズに抑え、リビングや2階のホールにスペースを割きました。時々、ホールで食事をすることもあるんですよ。

立地面でも、休日は自転車や車で公園に出かけやすいですし、私も妻も都内に実家があるので、気軽に遊びに来てもらえるので概ね満足しています。

2階のホールは多目的に使える広さが特徴。「人が行き来する場所なので、あまり物を置かないようにしています」。
2階のホールは多目的に使える広さが特徴。「人が行き来する場所なので、あまり物を置かないようにしています」

愛着のあるマイホームでの暮らし

「リビングなどに収納を作れば良かった」「キッチンをもう少し広めにすれば良かった」「ゴミの一時置きを作れば良かった」など、小さな後悔はいくつかあります。妻は「脱衣所に暖房をつければ良かった」よく話していますね。もう少し考えて家づくりをすべきだったという想いはあるものの、自分たちで仕様を決めた注文住宅とあって愛着はひとしおです。仕事から帰ってきたときに「あぁ、我が家に帰ってきたな」と感慨深くなります。リビングが広いので、友人を呼んで食事をしたり、子どもたちを遊ばせたりする機会が増えましたね。

今回、予算の関係でプロに庭づくりをしてもらうことができませんでした。自分たちで砂利をひいて整えていますが、今後はもう少し手を入れたいですね。

写真右側の格子扉は、和のテイストを取り入れたかったHさんたっての希望で取り入れたもの。「ハウスメーカーに指定された商品ではないものですが、我がままを言って選ばせてもらいました」。
写真右側の格子扉は、和のテイストを取り入れたかったHさんたっての希望で取り入れたもの。「ハウスメーカーに指定された商品ではないものですが、我がままを言って選ばせてもらいました」
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"