この記事は、約1分で読めます

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」を運営する健美家株式会社は、同サイトの会員を対象に「不動産投資に関する意識調査(第7回)」を実施した。

失敗理由1位は「空室の長期化」

「今までに不動産投資で失敗したことがありますか?」という質問に対して、不動産投資で「失敗したことがある」と40.7%が回答。「失敗したことがない」は59.3%だった。

失敗したことがあると回答した方へ失敗の理由を聞くと、「空室が埋まらなかった」(36.6%)で最も多く、次いで、「修繕費や維持費に出費がかかりすぎた」(31.1%)、「相より高く買ってしまった」(29.9%)となった。

失敗したことがないと回答した方へ失敗しないで済んだのか聞くと「本を読んで知識をつけた」(52.3%)で最も多く、次いで「不動産会社へ細かく質問した」(36.0%)、「セミナーに参加し知識をつけた」(28.9%)となった

この調査に関する詳細のレポートはこちら

【調査要綱】
 調査期間:2017年4月5日(水)~19日(水)
 調査対象:健美家(けんびや)登録会員約60,000名
 有効回答数:456名
 調査方法:インターネット上でのアンケート回答

ニュース参照元:@Press
ニュース情報元:健美家株式会社

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"