この記事は、約2分で読めます

株式会社インタースペースが運営する日本最大級のママ向け情報サイト「ママスタジアム」にて、ママリサ~いまどきママリサーチ~の第14弾として、「キッズのファッション」についての実態調査を行った。

今回の調査は、2017年4月3日~2017年4月10日に実施し、子育て中のママたちの子どものファッションに対する意識や実態を聞いたもの。

自分の子どもにおしゃれさせたいママは、9割以上!

「あなたはお子さんにおしゃれさせたいという気持ちはありますか?」という質問に対し、94.1%のママが「そう思う」と答えた。理由としては、単純に「かわいいから」「女の子だから」「自分も楽しいから」と答えるママが多かった。

一方、「子どもの成長に必要」「身だしなみとして必要」「人間は見た目が大事ということを教えたい」という教育的な視点や、「周りのママの目が気になる」「他のこと比べてダサいのはいや」「周りの子がみんなおしゃれ」といった、他人の目を意識した視点も。

他にも「自分がさせてもらえなかったから子どもにはさせたい」「自分の子どもの頃の写真を見てダサすぎたから子どもに同じ思いをさせたくない」という意見もあった。

 

子供服の平均購入金額は、Tシャツ1,561円。ボトムス2,187円

子供の衣類のアイテム別の平均購入金額は、Tシャツで1,561円。ボトムスで2,187円。ワンピース3,062円。靴3,838円。アウター5,598円。肌着・インナー966円。

どのアイテムも、男の子よりも女の子のほうが、平均金額が高く、特にアウターは1,000円弱の差がある。また、ボトムス・ワンピース・靴・アウターは、11歳以上になるとぐっと高くなる。単価が高くなったり、好みがでてきたりすることが関係するのかもしれない。

まとめ

今回はキッズのファッションに対するママたちの意識や実態を掘り下げてみた。ママたちの多くは、自分よりも我が子におしゃれさせたいと思っているが、ファストファッションやおふるなども取り入れて、プチプラで我が子のおしゃれを楽しんでいる様子がよくわかる結果となった。

<調査概要>
調査手法:ママスタジアムでのインターネット調査
対象者:ママスタジアムユーザー(子育て中の女性) ※n=408名(本人年齢 20代以下:95名、30代:252名、40代以上:61名、長子年齢 0~2歳:130名、3~6歳:148名、7歳以上:130名)
対象地域:全国
調査時期:2017年4月3日~10日

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:ママスタジアム

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事