この記事は、約1分で読めます

日本最大級のマンション相場情報サイト「マンションマーケット」を運営する株式会社マンションマーケットは、JR線10路線の各駅徒歩10分圏内にある2007年築のマンションにおける平均㎡単価を算出し、2017年現在との価格を比較することで資産性の高い沿線を調査した。

対象の沿線は東京23区内に駅が存在するJR沿線の中で駅数が多い「山手線」「京浜東北線」「中央本線」「常磐線」「埼京線」「総武線」「常磐・成田線」「京葉線」「総武線快速」「東北線」の10沿線。対象マンションはマンションマーケットのサイトに掲載されている中古分譲マンションとなっている。

2007年から2017年の増減率を調査した結果、最も資産性が高かったのは「京浜東北線」でプラス9.6%。2位は「埼京線」で増減率は3.8%、3位は「山手線」で-3.1%だった。調査された10路線のなかで、1位2位を除く8路線は、2007年より2017年の平均㎡単価が低くなっていた。

一方で、この8路線におけるマンション別の㎡単価を確認すると、京葉線を除く7路線すべての沿線に、2007年より2017年の価格が上昇しているマンションがあることが分かり、築10年でも価格が上昇するマンションは少なくないことも明らかになった。

平均㎡単価が最も高かった「京浜東北線」のなかで、価格上昇率1位だったマンションは田町駅の「キャピタルタワー」で、2017年の価格は2007年の49.8%増となった。今回のランキングでは平均㎡単価が最も低かった「総武線快速」でも、馬喰町駅の「アスコットパーク日本橋コモド」が42.1%増という結果も出ている。

調査の詳しい内容についてはサイトへ【http://mansion-market.com/sapuri/jr_line_assets/

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:「最も資産性が高い路線は?JR10路線を調査!」

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"