この記事は、約3分で読めます

2017年2月24日(金)から始まった「プレミアムフライデー」月末の金曜日は仕事を早めに切り上げ、友人と買い物したり、家族と食事したりと、プライベートを充実させることで消費を喚起する、官民あげての新しい活動です。さまざまな企業で取り組みが始まっており、今後の広がりに期待が高まっています。実際に導入されることによって私たちの生活にどのような変化がもたらされるか、ARUHIマガジン編集部が調べてみました。

プレミアムフライデーって何?

「プレミアムフライデー」とは、米国の年末商戦「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を参考にして、経済産業省が経団連や日本百貨店協会などの業界団体と考案した活動です。参加企業は、月末の金曜日に社員を15時で退社させるよう取り組みます。

早めに仕事を切り上げることで自分の時間が増えた労働者をターゲットに、百貨店や大型ショッピングモールは特別セールなどを開催。

単にモノを安く売るのではなく、「平日の昼間に好きな街を『アフタヌーン街歩き』※1」「友だちみんなと集まってゆっくり『夕飲み』※2」など、思い出に残るイベントに絡めた商品やメニューを用意することで、「いつもと違う金曜日の午後を満喫しよう!」と、消費を盛り上げていく活動です。

金曜日の午後の時間を利用できるようになれば週末の小旅行もしやすくなるので、地方への波及効果も期待されています。

「プレミアムフライデー」のロゴマークも制作されており、参加企業や団体は多様な働き方に取り組んでいる姿勢のPRに活用することが可能です。商業施設では「プレミアムフライデー」のイベント発信にも使用できます。

※1・※2プレミアムフライデー事務局ホームページより【https://premium-friday.go.jp

自分の会社に導入されたらどうなるの?

「プレミアムフライデー」ロゴマークの使用申請数は5,836件(2017年3月23日時点)となっており、日本全国で実施企業や商業施設が続々と増えています。「プレミアムフライデー」が普及し、参加する企業や団体が増えることで「働き方改革」の促進に繫がることも期待されています。

「働き方改革」とは、仕事とプライベートがともに充実し、ワークライフバランスの取れた生活を目指そうと政府が掲げる施策です。「プレミアムフライデー」をきっかけに、企業が社員へ有給休暇の取得やフレックス制度の活用を促すことも考えられ、家族との余暇や趣味、ボランティアなど好きなことに時間とお金をかけることのできる、より豊かで満足度の高い生き方がかなえられるのではないかと期待されています。

しかし「プレミアムフライデー」の実現には課題も多く、特に経理などの事務作業は月末に仕事が集中するため、就業時間を短縮されると困る職種も出てきます。

また、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなど、時給制の仕事の場合は、働く時間が短くなればそれだけ収入も減るため、早く仕事が終わっても家で過ごし、消費増加につながらないケースも発生しそうです。職種や雇用形態をそれぞれ踏まえて、より効果的な「プレミアムフライデー」の取り入れ方を各企業で考えていく必要があります。

家族揃って過ごす時間も増える!?

課題も多く、経済の底上げなど目に見えた効果が出るには時間がかかりそうな「プレミアムフライデー」ですが、実際に利用できれば、家族で過ごす時間は確実に増えるでしょう。これによって、今までできなかった次のような楽しみ方が実現できます。

・金曜の午後から出発する、2.5日の小旅行
1泊2日の旅行で遊ぶ時間を確保するためには、移動に時間をとられない近場に限られてしまいますが、金曜日の午後に出発できれば土曜日は一日自由に過ごすプランが組めます。これまでよりもひと足伸ばした地域への小旅行が可能になります!

・平日午後にゆっくりショッピング
翌休日の外出に備えて、仕事帰りにおしゃれなファッションを揃えたり、アウトドア用品やレジャーグッズを準備したりできます。休日は朝から家族でお出かけもOK!

・月末金曜の夕食はパパが担当!
毎日食事を作ってくれるママに感謝の気持ちを込めて、月に一度、パパが手料理を振る舞うのもいいですね。夕食までに時間がたっぷりあるので、買い出しからパパにお任せもできます。毎月の家族恒例行事にすれば、パパの株も上がりそう!

・夢のマイホーム実現のため、モデルルーム見学や住宅購入準備に有効活用!
マイホームは一生に一度の大きな買い物です。モデルルームの見学はもちろん、土地から購入を考えている場合は、その地域をしっかり見て回ることが大切です。購入が決まってからも、間取りや設備を決めていく打ち合わせも時間がかかります。週末にまとまった時間ができれば、それだけじっくり考えられるので、より理想に近いマイホームを築くことができそう!

月にたった一日、平日の午後に自由な時間が生まれるだけで、これほど楽しみが増えるなんてうれしいですよね。勤務先でまだ取り入れられていない場合も、飲食店や百貨店の関連イベントを利用することはできるので、効率的に仕事を終わらせ、街に繰り出してはいかがでしょうか。

時間の有効活用で、個人と社会の豊かさに相乗効果をもたらす「プレミアムフライデー」幸せの連鎖をどんどん広げていってほしいですね!

関連記事

●カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事