リビングを2階の寝室側から見たアングルが、夫人のお気に入り。「LDKを見渡せるので、家のどこにいても家族とコミュニケーションが取りやすいです」。
この記事は3分で読めます

長年、会社の真上という環境で暮らしてきたWさん。これ以上ないほど恵まれた通勤環境でしたが、お子様の成長を考えて注文住宅を建てる決意をされました。土地探しやハウスメーカー選び、家づくりのあれこれを語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Wさん 男性
年代(購入時) 40代前半
職業・業種 営業職・保険業
雇用形態・年収 代表取締役・800万円(収入合算・妻90万円)
家族構成 夫婦+子ども3人
勤務地・通勤時間 三重県四日市市・1分
社会人歴・転職回数 16年・1回
勤務先の社歴(ローン実行時) 11年
■購入物件情報
リビングを2階の寝室側から見たアングルが、夫人のお気に入り。「LDKを見渡せるので、家のどこにいても家族とコミュニケーションが取りやすいです」。
物件所在地 三重県四日市市新正
アクセス 近鉄名古屋線「新正」駅 5分
物件種別・間取り 新築注文戸建・5LDK+S
購入価格
頭金
土地2,600万円+建物4,000万円+外構300万円
なし
住宅ローン 【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割
住宅ローン 返済額
返済期間
月18万円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 三重県四日市市
購入前の家賃・間取り 7万円 1LDK

勤務先の2階で暮らす毎日

8年ほど、三重県四日市市の社宅で暮らしてきました。法人物件で1階が事務所、2階が住居という構成。階段を下りれば通勤できますし、常に家族の気配を感じながら仕事ができて、最高の環境でした。

しかし、1LDKの間取りだったため、2人目の子どもが生まれて部屋数が足りなくなりました。子ども達がドタバタと走り回り、大声で叫ぶ度に、従業員へ迷惑が掛かってしまうことに頭を悩ませるようになりました。空地が全て駐車場になっているため、外で子ども達を遊ばせることも難しかったですね。

リビングを2階の寝室側から見たアングルが、夫人のお気に入り。「LDKを見渡せるので、家のどこにいても家族とコミュニケーションが取りやすいです」。
リビングを2階の寝室側から見たアングルが、夫人のお気に入り。「LDKを見渡せるので、家のどこにいても家族とコミュニケーションが取りやすいです」。

4LDK以上の部屋数を求め、注文住宅を建てることに

子どもは3人欲しいと思っていましたので、今後ますます手狭になることが目に見えていました。そこで、マイホームの購入を検討。

当初は建売住宅を検討していましたが、見学した物件は4人家族を想定したものばかり。3つの子どもたちの部屋と寝室を確保しようとすると、建売住宅では厳しそうです。

必然的に、注文住宅を建てることになり、土地探しをスタートしました。

吹き抜けに面した2階の廊下。3つの子ども部屋と寝室が並んでいる。
吹き抜けに面した2階の廊下。3つの子ども部屋と寝室が並んでいる。

会社に至近、300平米以上の広大な土地を購入

いくつかの不動産会社に声を掛け、「長女の学区が変わらないエリア」を第一条件として、車通りが少なく、80~90坪の広い土地を探していました。何ヶ所か見学したものの、建築条件付だったり、旗竿地だったり、騒がしい店舗の隣だったり、北向きで日当たりが悪かったりと決め手に欠けました。

そんな中で購入した土地は、会社まで徒歩1~2分の立地。予定よりもだいぶ大きな土地で、販売条件により分筆もできなかったため、かなり予算オーバーになってしまいましたが購入を決定。

購入した土地周辺にはオフィスが多い。「夜はとても静かに過ごせますし、子どもたちが騒いでも周囲に迷惑をかける心配がありません」。
購入した土地周辺にはオフィスが多い。「夜はとても静かに過ごせますし、子どもたちが騒いでも周囲に迷惑をかける心配がありません」。

土地価格と現在の給与をもとに建物価格を試算

ローンを組んで土地を購入するため、地方銀行で【フラット35】の申し込みをしたのですが、審査が通らず。一旦、プロパーローンで借り入れを行いました。しかし、土地代のローン返済と家賃を合わせると厳しい状況でしたね。

1年ほど返済を続けていたところ、知り合いの司法書士から「もう一度、【フラット35】の借り入れ審査にチャレンジしてみては?」と言われ、アルヒ株式会社を訪問しました。

「ここでローンが通らなければしばらく家は建てられない」という気持ちでシミュレーションを依頼。借り換えの目途をつけるとともに、建物の予算を算出できました。

キッチン側から見たリビング。お子様たちは7段のリビング階段を上がり、廊下を通って子ども部屋に入る。「スリットとアクリル板で緩やかに仕切り、子ども達の様子が分かるようにしてもらいました」。
キッチン側から見たリビング。お子様たちは7段のリビング階段を上がり、廊下を通って子ども部屋に入る。「スリットとアクリル板で緩やかに仕切り、子ども達の様子が分かるようにしてもらいました」。

予算内で全ての希望を叶えてくれそうなハウスメーカーに依頼

ハウスメーカーは、コマーシャルなどで馴染みがある大手メーカーをいくつか検討しました。住宅展示場を5ヶ所ほど回った他、オープンハウスにも参加。

アルヒさんに算出して貰った予算をベースとして、各社に「平屋を建てたい」「子ども部屋が3つ欲しい」「収納スペースを充実させたい」「リビングを中心とした間取り」などたくさんの希望を伝え、プランニングを依頼しました。その中の1社が圧倒的に魅力的なプランを出してくれましたので、すんなりと依頼先が決まりました。

家族全員で利用できる、約15畳もの収納スペースを確保。「リビングから少し奥まった配置にすることでゲストの視界に入りにくいように、尚かつキッチンからはアクセスしやすいよう、生活動線に配慮しました」。
家族全員で利用できる、約15畳もの収納スペースを確保。「リビングから少し奥まった配置にすることでゲストの視界に入りにくいように、尚かつキッチンからはアクセスしやすいよう、生活動線に配慮しました」。

家族全員分の荷物を一ヶ所にまとめて収納

家づくりで何よりもこだわったのが、平屋にすること。戸建てで暮らす父母が2階へ上がる時に大変そうにしている様子を見て、この条件は譲れませんでした。

細かな間取りは妻が主に計画しています。1階には吹き抜けに面したLDKを設け、ウッドデッキや4.5畳の和室に隣接。奥にはLDKと同じくらい広い収納スペースを作りました。

その上部に、4~5畳の子ども部屋を3つと、ロフト付きの寝室も設けました。全員の荷物をまとめてしまえる場所があることで、各居室をすっきりと保てます。

LDKは23畳もの広さ。天井高も3メートル近く、圧倒的な開放感を得られる。
LDKは23畳もの広さ。天井高も3メートル近く、圧倒的な開放感を得られる。

お子様が賑やかに過ごせる、ゲストも呼びやすい住まい

新居には、昨日引っ越したばかり。新生活はこれからですが、会社の2階という環境から戸建て暮らしになれば、友人を気兼ねなく呼べそうです。庭があるので子ども達ものびのびと遊べるでしょう。

ウッドデッキも設置しましたので、これからはバーベキューなども楽しみたいですね。新生活の始まりに、ワクワクしています。

リビングの先にウッドデッキを設置。お子様たちが、リビングから直接庭へ行ける動線を叶えた。「バーベキューやプールなど、今まで出来なかったことを楽しんでいます」。
リビングの先にウッドデッキを設置。お子様たちが、リビングから直接庭へ行ける動線を叶えた。「バーベキューやプールなど、今まで出来なかったことを楽しんでいます」。
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

おすすめ記事
"