この記事は、約3分で読めます

結婚を機に、マイホームの購入を決めたIさん。子育てを意識して対象エリアを絞った中古マンション探しから、Iさんの勤務先が手掛けたリフォーム、住宅ローンの金融機関選びまで、詳しくお話を伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Iさん 男性
年代(購入時) 30代前後半
職業・業種 営業職・建設業
雇用形態・年収 正社員・400万円(収入合算・妻100万円)
家族構成 夫婦+子ども1人
勤務地・通勤時間 神奈川県横浜市・1時間30分
社会人歴・転職回数 16年・1回
勤務先の社歴(ローン実行時) 5年
■購入物件情報
物件所在地 東京都足立区
アクセス つくばエクスプレス「青井」駅 10分
物件種別・間取り 中古マンション・3LDK→1LDK
購入価格
頭金
1,600万円+リフォーム代300万円
なし
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】)9割+変動金利(半年型)1割
住宅ローン 返済額
返済期間
月6万5,000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 千葉県松戸市
購入前の家賃・間取り 3万5,000円 1K

月々の支払い額を抑えるために、賃貸よりも購入を選択

結婚前は、JR常磐線「馬橋」駅から徒歩10分のアパートで暮らしていました。家賃の安さが何よりの魅力で、寝るために帰るような場所でしたので特段不満もなかったですね。

結婚が決まって、引っ越しをすることに。当初は賃貸物件を借りるつもりでいましたが、希望する部屋は家賃が全体的に高めでした。私はリフォーム会社に勤務しているため、物件の相場をだいたい把握しています。

「家賃を払い続けるよりも、マイホームを購入した方が月々の返済額が安く済む」と感じましたので、中古マンションを購入してリフォームをする道を選びました。

キッチンは夫人の希望でL字型に。「当初はアイランドキッチンを希望していましたが、部屋が狭くなってしまうためこの形にしました」
キッチンは夫人の希望でL字型に。「当初はアイランドキッチンを希望していましたが、部屋が狭くなってしまうためこの形にしました」

学区を限定。エリアを重視した中古マンション探し

妻が子連れでしたので、新居の条件は子育て環境を最優先に考えました。妻の実家に近く、来年から娘が入学したい学区内の小学校に近い立地に絞って探していたため、なかなか良い物件が見つかりませんでしたね。

予算は、月々の住宅ローン返済額と管理費、修繕積立金などを全て含めて10万円以内に収まるよう計算した結果、2,000万円程度に設定しました。

勤務先で物件情報が探せるため、目ぼしい物件を探す毎日。5軒ほど内覧しましたが、「いいな」と思う場所は金額が折り合わず、なかなか契約に至りませんでした。

洗面所はドラム式の洗濯機を置くのが夢だったそう。「限られたスペースへの設置を叶えるため、右開き、かつ奥行が小さくコンパクトな製品を探しました」
洗面所はドラム式の洗濯機を置くのが夢だったそう。「限られたスペースへの設置を叶えるため、右開き、かつ奥行が小さくコンパクトな製品を探しました」

子育て環境も利便性も抜群の立地に惹かれて

購入を決めた中古マンションは、近くに24時間営業のスーパーがあり、実家まで徒歩10分の立地。小学校までの距離も、子どもが徒歩で通える範囲内で、予算内の価格も決め手でした。築30年近いものの、南向きで日当たりは良好。間取りも含めてフルリフォームをすれば生まれ変わるだろうと感じました。

そこで、不動産会社を通して価格の調整をお願いしました。売主さんのご要望も聞きながら交渉を続け、1,700万円だったところを、1,600万円まで値下げしていただけることになりました。

ユニットバスは元々1216サイズ(1200mm×1600mm)だったが、1316に拡大。「少しでもゆったりと使えるよう、可能な限り大きなものを選びました」
ユニットバスは元々1216サイズ(1200mm×1600mm)だったが、1316に拡大。「少しでもゆったりと使えるよう、可能な限り大きなものを選びました」

金融機関選びのポイントは、対面での相談対応と収入合算基準

住宅ローンの借り入れ先は妻の意向で、全期間固定金利タイプに限定して探していました。

【フラット35】を取り扱う金融機関の中でも、対面で相談ができる安心感からアルヒ株式会社さんを選択。不動産会社さんもお付き合いがあったようで、スムーズに紹介していただけました。

売主さんから「事前に住宅ローン審査を通して欲しい」と言われたため、アルヒさんの他にもメガバンクと地方銀行で審査をしました。

私の給与体系は固定給+インセンティブ。収入の大部分を占めるインセンティブが住宅ローン審査の対象にならず、年収評価額としては200万円台になってしまいます。そこで妻と収入合算をしたのですが、いくつかの金融機関では、妻が正社員でないことから門前払いでした。

「パートでもOK」と言ってくれた金融機関では全て審査が通りましたが、リフォーム代金も含めて頭金ゼロ、全期間固定金利をベースに借り入れできるのはアルヒさんだけ。当初の予定通りアルヒさんにお願いしました。

キッチンは、料理をしながらリビングダイニングで遊ぶお子様の様子が見守りやすい向きに配置されている。
キッチンは、料理をしながらリビングダイニングで遊ぶお子様の様子が見守りやすい向きに配置されている。

リフォームで間取りもデザインも自分好みに一新

新居は6階建ての3階。防犯面を考え、あまり下の階は選ばないように配慮しました。引っ越す前に、勤務先にお願いをしてリフォームを実施。

リビングがとても狭かったので、隣接する2つの居室の間仕切りをなくし、3LDKから広々とした1LDKに。可動式の間仕切りを入れることで、必要に応じて2LDKとしても利用できます。

デザインは、北欧をイメージして白で統一。家具類や壁に張ったクロスは白の木目調に、窓にも白のウッドブラインドを入れました。

自社施工でリフォームをしましたので、入居前に工事の音などで近隣トラブルになるのは避けたいと思っていましたが、隣近所はいい方ばかり。皆さん理解があって助かりました。今は、取り寄せた家具をやっと搬入したばかり。これからは食器選びなどもこだわって、マイホーム暮らしを満喫したいですね。

LDKには可動式の間仕切りを設置。昼間は開けて広々と、夜は閉めて寝室として活用している。
LDKには可動式の間仕切りを設置。昼間は開けて広々と、夜は閉めて寝室として活用している。

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事