LDKは、壁紙や建具に黒を取り入れたモダンな空間。鮮やかな赤のキッチンが差し色になっている。
この記事は、約3分で読めます

都内のワンルームマンションで暮らしていたSさんは結婚後、夫婦でゆったりと暮らせるマンションを探し始めました。家探しから始まり、社会人1年目・23歳で挑んだ住宅ローン審査、リフォーム後の暮らしまで語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Sさん 女性
年代(購入時) 20代前半
職業・業種 技術職・製造業
雇用形態・年収 正社員・350万円
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 神奈川県川崎市・10分
社会人歴・転職回数 1年・0回
勤務先の社歴(ローン実行時) 1年
■購入物件情報
LDKは、壁紙や建具に黒を取り入れたモダンな空間。鮮やかな赤のキッチンが差し色になっている。
物件所在地 神奈川県川崎市幸区
アクセス JR南武線「尻手」駅 3分
物件種別・間取り 中古マンション・2LDK
購入価格
頭金
1,980万円
10万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】)9割+変動金利(半年型)1割
住宅ローン 返済額
返済期間
月8万円弱(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 東京都新宿区
購入前の家賃・間取り 月7万2,000円 1R

結婚のタイミングでマイホームの購入を検討

実家に近い、JR「大久保」駅から徒歩10分ほどのマンションで1年ほど暮らしていました。家賃が手頃で立地も良かったのですが、2人でワンルームは狭かったですね。結婚を機に、マイホームについて考え始めました。
勤務先までの距離を重視して「川崎駅から徒歩10分以内」「45平米以上」の条件に合うマンションを探し始めました。

LDKは、壁紙や建具に黒を取り入れたモダンな空間。鮮やかな赤のキッチンが差し色になっている。
LDKは、壁紙や建具に黒を取り入れたモダンな空間。鮮やかな赤のキッチンが差し色になっている。

外国籍の夫に替わり、住宅ローンの主債務者に

インターネットで情報を収集した中で気になる物件を見つけ、管理する不動産会社に連絡。その物件は購入に至らなかったのですが、住宅ローンについて考えるきっかけとなりました。

夫が外国籍のため、夫名義では住宅ローンを組むことが難しいと分かったんです。私の年収を元に、どの程度のローンが組めるかを試算してもらった結果、リフォーム代を含めて2,000万円程度が現実的な価格だと判断しました。

予算を決めてからは中古マンションに絞り、10軒ほど見学。駅から遠かったり、治安が良くなさそうだったり、日当たりが芳しくなかったり、決め手に欠ける物件が多かったですね。

洗面化粧台の設置スペースを確保するため、脱衣室を新設。「使い勝手は抜群。とても気に入っています」
洗面化粧台の設置スペースを確保するため、脱衣室を新設。「使い勝手は抜群。とても気に入っています」

リフォームを前提として好立地のマンションを購入

購入を決めた物件は勤務先に近く、広さも46平米と広め。現地へ足を運んでみると日当たりもよく、日中はずっと太陽の光を感じながら過ごせそうです。

ただし、換気扇が壊れていたり、トイレや浴室が使えない状況だったり、床にカビが発生していたりと老朽化が進んでいましたので、リフォームが欠かせない状況でした。

元々、1,580万円で販売されていたのですが、値引き交渉を行った結果、100万円ほど値引きをしてもらうことができました。
リフォームをしても予算内に収まりそうだったので、購入を決めました。

玄関から廊下にかけての空間は白一色で統一して明るい印象に。モノトーン調の居室と雰囲気を変えている。
玄関から廊下にかけての空間は白一色で統一して明るい印象に。モノトーン調の居室と雰囲気を変えている。

社会人1年目でも住宅ローン審査を通過

住宅ローンに関しては、「審査が通ればどこでも」という想いから、様々な金融機関に声を掛けました。
以前、別の物件で審査をお願いした時に1ヶ月以上結果が分からず、タイムオーバーになってしまった教訓もありましたね。

自分で調べたメガバンクと地元の信用金庫、銀行に加え、不動産会社から紹介を受けたアルヒ株式会社で審査を実施。
築35年を超えた旧耐震基準の物件ということで断られてしまったり、社会人1年目で年収が少ないことを指摘されてしまったり、なかなか良い返答が得られなかった中、アルヒさんで借り入れができて助かりました。

友人が遊びに来たときなどに利用するという収納スペース。ハンガーパイプを設置し、上着などを掛けられるようにしている。
友人が遊びに来たときなどに利用するという収納スペース。ハンガーパイプを設置し、上着などを掛けられるようにしている。

全面リフォームで住み心地を向上

リフォーム会社は自分で調べて見つけた会社も検討しましたが、不動産会社さんが紹介してくれた会社が一番リーズナブルだったので依頼しました。
1ヶ月半ほど掛けて、全面的にリフォームを実施。フローリングや壁紙の色は居室ごとに変えてもらい、照明も交換しました。

脱衣所も新設し、寝室には、3枚扉のウォークインクロゼットを設置。夫婦の服をすっきりとしまえるようにしたかったのですが、思っていたよりも物が多くて若干スペース不足の印象(苦笑)。それでも、前居よりは格段にすっきりとしました。

リビングと隣接する居室は、3枚扉を開ければ一続きの空間として活用できる。「リビングを広々と使えるように間取りを変更してもらいました」
リビングと隣接する居室は、3枚扉を開ければ一続きの空間として活用できる。「リビングを広々と使えるように間取りを変更してもらいました」

ホームパーティも楽しめるゆとりある住まい

ワンルームの旧居から2LDKの新居に引っ越し、現在はとても快適に暮らしています。日当たりがよく暖かいので、冬でも昼間はあまり暖房をつけずに過ごせるようになりました。

広くなったので、家族や夫婦共通の友人を招いてホームパーティを開くこともあります。みんなでワイワイと鍋を囲むなど、休日が楽しくなりましたね。
自分たちがどんな暮らしをしたいのか考えて、自分好みの間取りやデザインにリフォームができましたので、愛着もひとしお。新居にとても満足しています。

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事