リバースモーゲージ/自宅に住み続けられる安心と老後の資金づくり【PR】
築30年の家が1000万円も高く売れた!?その秘密は?【PR】

Q.自分の総資産額ってどのくらいあるのか計算して欲しい。また計算方法を教えて欲しいです。(Aさん/40代/男性) 

個人用貸借対照表(バランスシート)とは

まずは、自分の資産がいくらあるのか、出ていくお金がいくらあるのか知る必要があります。知る方法として企業が資産内容を計算する時に作成する「貸借対照表(バランスシート)」を、個人用にアレンジして作成することで、資産の構成と資産の総額、また問題があるかチェックをすることができます。

下の表は、Aさんの個人用の貸借対照表(バランスシート)です。

<Aさんの資産貸借対照表(バランスシート)>

単位:万円

資産 負債
普通預金 80 住宅ローン 3,100
定期預金 150 自動車ローン 50
社内預金 100 教育ローン 0
株式投資 50 クレジットカード未払い
終身保険 180 負債合計(B) 3,150
自宅(土地+家屋) 2,800 純資産
自動車 110 (A)-(B) 320
資産合計(A) 3,470 負債・純資産合計 3,470

この表を作成する前に、Aさんに資産状況について、「普通預金は80万円、定期預金は150万円、社内預金が100万円で合計330万円。ほかに株式を持っています。ただ、住宅ローンを返済しているので、実際の資産はよくわからない」といった回答から、表を作成しています。

そこで、そんなAさんの資産が、現在いくらなのかを知るために作成する表が、この個人用の資産貸借対照表(バランスシート)です。

この表の左側「資産」とは、Aさんのお金で評価できる持ち物です。また、表の右側「負債」は返さなくてはならないもの、つまり借金です。そして、「資産」から「負債」を引いた額が、表の右下「純資産」となります。

「純資産」は、資産で負債をすべて返した時に残るお金であり、家計にどのくらいどの程度余裕があるかの指標とも言えます。純資産がマイナスだと債務超過の状態です。

また、表の左側は現在持っている資産で、右側はその資産を得るためのお金の出所ということもでき、「資産」=「負債」+「純資産」で保有財産のバランスを保っています。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事