この記事は1分で読めます

全国約11万棟のマンションの相場価格(資産価値)や、過去の価格推移、資料相場などを公開している日本最大級の相場サイト「マンションマーケット」。同サイトを運営する株式会社マンションマーケットは、サイトのデータを元に、駅徒歩5分圏外に存在するマンションの各平均㎡単価を算出。『駅近の方が家の価格が高い』とする通説について調査した。

調査の対象は、「マンションマーケット」に掲載されている、築10年以内の中古分譲マンション。「徒歩1分=80m」とし、駅徒歩5分の距離は400mとされている。平均㎡単価は購入時の1㎡当たりの価格。さらに本調査に用いたデータは2017年2月23日時点のものとなっている。

調査結果によると、駅徒歩5分圏外に存在するマンションに比べ、駅徒歩5分圏内のマンションの方が平均㎡単価が高かったのは、東京23区中22区だった。23区の大半が、駅から近い方のマンション価格が高く、『駅近の方がマンションの資産価値が高い』とする一般的な説に通ずる結果となった。

調査結果を割増率の高い順にランキングにすると、割増率が最も高かったのは葛飾区で約13%。駅徒歩5分圏内の㎡単価が、駅徒歩5分圏外の㎡単価よりも10%以上割増になるマンションが5つもあった。

唯一、駅徒歩5分圏内のマンションよりも、駅徒歩5分圏外のマンションの㎡単価が高かったエリアは千代田区だった。しかし、差額の割合は-2%ほどなので、大きく価格を落とすことに直結するわけではなさそうだ。

詳しい調査結果はサイトへ【http://mansion-market.com/sapuri/station_near_mansion_price/

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:「駅近の方が家の価格が高い」は本当か?東京23区中、22区が駅近のマンション価格が高い傾向あり!

カンタンな質問でおススメ物件診断

おすすめ記事