この記事は、約1分で読めます

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」を運営する株式会社ネクストは、「HOME’S住みたい街ランキング」の第一弾として、首都圏の「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキングを発表した。

このランキングは、HOME’Sで住まいを探したユーザーの検索・問合せ数をベースに “実際に探されている街/駅”を算出したもの。「買って住みたい街」については、分譲マンションや分譲一戸建て、中古マンション、中古一戸建ての検索・問合せ数をもとにユーザーが住みたいと思っている街をランキング。

「借りて住みたい街」は賃貸物件の情報をもとに算出した順位となっている。

 

「買って住みたい街」のランキング結果は、「船橋」が1位を獲得した。ここ3年で初めて東京都以外の駅がトップとなった。

近年、都内を中心に物件価格が上昇したため、都内へのダイレクトアクセスが可能で、交通利便性が確保された近郊エリアの順位が上昇したものと考えられる。

2位は「目黒」、3位「浦和」、4位「戸塚」、5位「柏」となっている。「借りて住みたい街」のランキングでは、「恵比寿」「吉祥寺」などの人気駅を抑えて、「池袋」が1位となった。

また、2位の「三軒茶屋」を始め、5位「中野」、6位「高円寺」、7位「恵比寿」など都心南西部(城南・城西エリア)に位置する駅が数多くランキング上位に登場した。

3位は「武蔵小杉」、4位「川崎」だった。20位までのランキング結果や、HOME’S総研によるランキングの分析、近畿圏や中部圏のランキング結果もHOME’Sのサイトで公表している。

2月下旬には、「猫が多そうな街ランキング」「すっぴんで歩けそうな街ランキング」「働きながら子育てするのに良さそうな街ランキング」など、街に関する様々な調査結果を発表する予定だ。

2017年 HOME’S住みたい街ランキング【http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00110/

ニュース参照元:@Press

ニュース情報元:首都圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事