この記事は、約3分で読めます

ご結婚後、マイホームについて考え始めたMさん。夫人の地元にこだわった土地探しや、来客時や日常生活の動線に配慮した家づくり、住宅ローン審査にともなう苦労を経て、念願の注文住宅が完成しました。その軌跡を辿ります。

■プロフィール
名前・性別 Mさん 男性
年代(購入時) 30代後半
職業・業種 管理職・サービス業
雇用形態・年収 正社員・350万円(収入合算・妻300万円)
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 大阪府豊中市・15分
社会人歴・転職回数 15年・1回
勤務先の社歴(ローン実行時) 2ヶ月
■購入物件情報
物件所在地 大阪府豊中市
アクセス 阪急宝塚線「庄内」駅 徒歩15分
物件種別・間取り 新築注文戸建・3LDK
購入価格
頭金
3,700万円
700万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)
住宅ローン 返済額
返済期間
月8万4,000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 大阪府豊中市
購入前の家賃・間取り 月7万円 2DK

実家に近く慣れ親しんだ、大阪府豊中市での暮らし

私は、大阪府豊中市で生まれ育ちました。実家で暮らしていましたが、5年ほど前に自立。実家近くのマンションで一人暮らしを始めました。2DKの間取りで、1人で暮らす分には特に不満もなかったですね。結婚して妻と2人になってからも1年ほどは住み続けました。

「いずれはマイホームが欲しい」と思っていましたので、インターネットで時々、住宅に関する情報を収集する日々。そんな中で、当時の家賃+α程度の住宅ローン返済額で、マイホームを持てそうだということが分かってきました。

キッチンの正面にキャットウォークを設置。2匹の愛猫たちの遊び場になっている。「ねこが使わなければ何か物を置こうと思っていたのですが、引っ越した初日から使ってくれるようになって良かったです」
キッチンの正面にキャットウォークを設置。2匹の愛猫たちの遊び場になっている。「ねこが使わなければ何か物を置こうと思っていたのですが、引っ越した初日から使ってくれるようになって良かったです」

憧れの注文住宅が現実的な選択肢に

以前から「マイホームを取得するなら戸建てがいい」と思っていましたので、始めは何軒かの建売住宅を見学しました。しかし、駅から離れている立地や、自分の思い通りにならない間取り、愛猫の遊び場所がないことなどが引っかかり、どうにも心が惹かれませんでした。
そんな時に、建売住宅と注文住宅を両方手掛ける地元のハウスメーカーさんなら、抑えた価格で家づくりができることを知りました。注文住宅を建てるなんて夢の話だと思っていたのですが、建売住宅と大差ない金額でも施工していただけるとのこと。一気に現実味を帯び、家づくりに向けて舵を切りました。

白を基調として、ウッド色のベランダをアクセントにした外観。「外観の色合いや屋根形状は、CGパースを作成してもらって検討しました。駐車場のスペースを最小限に抑え、土間にスペースを割いています」

近々販売予定の土地をいち早く入手

建売住宅を見学していた頃、土地も紹介していただいたのですが、立地がイマイチで惹かれませんでした。しかしその時、「これから販売予定の土地がある」と教えていただいたんです。実家にも、最寄り駅にも、前居にも近い住み慣れた好立地で、スーパーなども近いのでとても暮らしやすそうでした。

当時は更地にする工事をしている最中でしたが、とても気に入ったので、購入したいと伝えました。始めに紹介していただいた土地よりも高額で1,700万円程度掛かりましたが、即決でしたね。隣が駐車場のため、日当たりが良さそうなところもポイントでした。

吹き抜け上部にカウンターを設置。「寝る前にちょっとくつろいだり、お茶を飲んだり、PCでインターネット検索をしたりするスペースとして活用しています」

住宅ローン審査と転職のタイミングが重なった不運

資金計画に関しては、親から300万円の援助があり、頭金の一部に充てることができました。住宅ローンは昨年8月に事前審査を行い、問題なく通過。すっかり安心していたのですが、本審査の時期に転職が決まってしまったんです。

事前審査を行ったメガバンクで本審査が通らず、借り入れできそうな金融機関を探す日々が始まりました。約2ヶ月、大変な毎日でしたね。万が一どこの金融機関でも審査が通らなければ、せっかく家が完成しても引渡しをして貰えない。そればかりか、違約金が発生するかもしれない……。最悪の状況が頭を過ぎりました。

「玄関ドアを開けた時のインパクトが欲しかった」とMさん。大きな土間を設置して濡れ縁を造作。玉砂利も敷いて、和の空間を作りました。「DIYで椅子を作るなどちょっとした作業をしたり、椅子を置いて来客対応をしたり、多目的に使いたいと思っています」

依頼から一週間で本審査終了のスピードが決め手

ネットバンクを中心にいくつか当たったものの、審査スピードが遅かったり、融資額が希望額に満たなかったり、思うようにいきませんでした。そんな中、最後に知ったのがアルヒ株式会社でした。直接店舗を訪問して事情を説明したところ、1週間程度で本審査通過の連絡を戴きました。金利も低く、納得の契約ができて有難かったです。「こんなことなら、最初からアルヒさんにお願いすれば良かった」と思いましたね。
今後はできれば繰り上げ返済をしたいと思っています。夫婦ともに正社員ですので、ボーナスのタイミングに余裕資金を入れたいです。

できるだけ広いスペースを確保したと言うリビングダイニング。大きな窓の先はウッドデッキを敷設している。「暖かくなってきたら、ウッドデッキでホットプレートを使ってバーベキューをしたり、椅子を置いて飲み物を飲んだりしたいですね。グリーンも置きたいと思っています」

吹き抜けやキャットウォークのある自由設計の家

家づくりは、最初に数パターンの間取りを提案していただき、そこからブラッシュアップしていきました。吹き抜けを設けて自然光がたくさん入る明るい空間に。広い土間と、その隣には和室を設けました。1階浴室に設置予定だった洗面所を2階にしてもらうことで、長い時間を過ごすリビング~洗面所で歯磨き~寝室で就寝できる、スムーズな動線を実現しています。

キャットウォークやカウンターを造作したり、ベランダをウッドデッキにしたり、トイレや寝室にはアクセントクロスを採用したり、家づくりを楽しみました。壁紙のチョイスは、細かな部分に気付いてくれる妻が担当。1階と3階はダークな色調でまとめ、リビングのある2階を明るい色にすることで、フロアが変わると気持ちが切り替わります。

現在はまだ、引っ越して1週間。新生活はこれからですが、リビングが広いので寝転ぶこともできますし、のんびりゆったり、ねこと遊びながら寛いで過ごせます。新居を見に来た人は皆、土間の広さに驚いてくれます。納得の家づくりができて、これからの生活が楽しみです。

吹き抜けに面したリビングには、調湿作用のあるアクセント壁材を採用。サッシやドアを見るために訪れたショールームで見て気に入り、取り入れたそう。「デザインのアクセントになりますし、サンプルを一欠けら戴いて猫のトイレに置いたところ、ニオイが気にならなくなったんです。洗面所の下部にも貼って、猫用トイレを設置。期待通り、ニオイが気になりません」
3階には寝室や将来の子ども部屋の他に、ウォークインクロゼットを設置。「子ども部屋を2つ設ける案もあったのですが、広めの1部屋にして、残りのスペースを収納に充てました」
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事